誰もが憧れる綺麗な人の20特徴!綺麗になる方法も教えます!

誰もが憧れる「綺麗な人」になりたい!

みなさんが「ああ、この人綺麗だなあ」と思う人はどんな人でしょうか?

モデルや女優のように顔立ちの整った人?
確かに美人顔も一つのポイントですが、それだけだと「美人」ですよね。

みなさんが「綺麗な人」を思い浮かべる時は、顔の美しさだけでなく言動、性格、ライフスタイル、雰囲気なども要素に入っていると思います。
このように、「綺麗な人」と「美人」は似ているようで少し違うのです。

学生時代や20代前半は、容姿が良ければ「綺麗な人」だったかもしれません。
しかし年齢を重ねるに連れて、その人の性格や身だしなみ、態度や行動など様々な条件が「綺麗」の中に含まれてきます。

周りの人から「綺麗だな」と思われる女性になるためには、外見だけでなく中身も磨かなければなりません。
今回は、周りの人が憧れる綺麗な人の特徴と、綺麗になる方法をご紹介していきます。

見た目も内面も磨いて、魅力あふれる素敵な大人女子を目指しましょう!

綺麗な人に共通する20の特徴!

「綺麗な人」という印象を与える人には、共通する特徴があります。
今回はその特徴を20個紹介していきますよ。

しかしここに挙げるもの全てを身につけようとする必要はありません。
20の特徴のうち数点心がけるだけで、今よりも素敵な女性に近づくことができますよ。

1.いつも笑顔でいる

綺麗な人はいつも口角が上がっていてにこやかな表情をしています。

無表情や無愛想なひとよりも、いつも明るくニコニコしている人の方が良い印象を受けませんか?
それに、相手が笑顔だとこちらもつられて笑顔になってしまいますよね。
落ち込んでいるときでも、笑顔で話しかけられたら少し気持ちが晴れることもあるのではないでしょうか。

このように綺麗な人はいつもにこやかで、周囲を明るく元気にするパワーを持っています。
このような人の周りには自然と人も集まってくるようです。

2.身だしなみに気を遣う

綺麗な人を思い浮かべた時、見た目が残念な方が思い浮かぶ方はいないのではないでしょうか。
派手すぎないメイク、手入れされたつやつや髪、自分に合った服装など、清潔感漂う方が多いはずです。

このように、綺麗な人は見た目に気を遣っています。
というよりも、内面の綺麗さが見た目にも現れていると言ってもいいかもしれません。

自分を大切にしよう、相手に失礼のないようにしよう、という心がけが身だしなみに出ているのです。

3.言葉遣いが綺麗

いくら顔が良くても、使う言葉が汚いと残念な印象を与えてしまいます。
初めてのデートで「やべえ!」とか「うめえ!」なんて言葉遣いをしていたら男性はドン引き、モテ女子からは程遠い存在です。

言葉はその人の人間性を表す1つの要素です。
乱暴な言葉遣いは、やはり「乱暴な人」という判断をされてしまいます。

綺麗な女性は丁寧な言葉を選び、敬語もきちんと使うことができます。
きちんとした言葉遣いができることで「ああ、この人はちゃんとした人なんだ」と思われますし、初対面の相手にも良い印象を与えます。

4.周りへの気遣いができる

綺麗な人は周りに対して気配りをする心の余裕を持っています。

自分のことばかりで手一杯になるのではなく、相手のことも気にかける優しさがある人って素敵ですよね。
それだけ周囲に対して思いやりがあるということでもありますから、周囲からも好かれる傾向にあります。

5.食生活に気をつけている

「食べたもので人は作られる」ってよく言いますよね。
キレイな見た目は身体の内側から。
綺麗な人はそれをわかっているので、美容・健康のために食べる物に対して気を遣います。

ファストフードやコンビニ弁当、ジャンクフードなど身体に悪いものは避け、良い素材を使ってバランスの良い食事を心がけているのですね。
良い素材を選ぶことは難しくても、なるべく自分で食べるものは自分で作るように心がけるだけで食に対する意識は変わってくると思いますよ。

6.健康管理をしっかりできている

食生活に気をつけているということは、健康管理もきちんとできているという証拠。
毎日の体型チェックと体重測定は欠かしません。

少し太ってきたと思えばジムに行って運動したり、食べるものを調整したりして元の身体に戻します。
しかし、断食や◯◯だけダイエットなどのカラダに負担のかかる無理なダイエットはしません。
また、体調を崩さないように普段から規則正しい生活を心がけ、身体が不調な時は無理をせずにゆっくり休みます。

綺麗な人は自分の身体としっかり向き合うことができる人なのですね。

7.姿勢が良い

いくら顔やスタイル、服のセンスが良くたって姿勢が悪ければ全て台無し。
いつでも背筋を伸ばしている人は凛としていて、自信のある女性に見えます。
猫背だと、なんだかだらしない印象に。

それに、背中を伸ばすように意識すると身体のラインが綺麗に見え、自然とお腹に力がはいるのでお腹痩せにも効果がありますよ。

8.肌が綺麗

綺麗な人は肌トラブルをメイクで隠すようなことをせず、素肌を綺麗に保つようにケアをしています。
肌が綺麗なら厚いメイクをする必要が無いので、肌への負担も少なくなり、健康でナチュラルな美肌でいることができます。

スキンケアは手間も時間もかかりますが、それに時間を割くのが綺麗な人。
毎日コツコツと努力を重ねているのです。

9.夢中になれるものがある

綺麗な人は仕事や趣味、恋愛など、何かしら自分が夢中になれるものを持っています。
一つのことに打ち込んでいる人って、キラキラして輝いて見えますよね。

彼氏がいなかったり結婚していなかったりしても、片思いをしている人は相手からどう見られるかを気にしています。
なので、外見も内面もきれいになるよう努力しているんですね。

なんとなく毎日を過ごすより、没頭できるものがあったほうが自分自身もやりがい・生きがいを感じ、生活が充実していると思えるはず。
生き生きとして見える人は、心の充実が表面にも現れているのかもしれませんね。

10.目標を持っている

綺麗な人は夢や目標があり、それに向かって日々努力をしています。
スキルアップや転職のための資格取得、将来やりたいことへの準備。
自分がすべきこと・進むべき道がわかっているので、毎日を何となく過ごすようなことはありません。

目標達成を目指して頑張る姿勢は美しさそのもの。
誰からも憧れられる存在です。

11.人によって態度を変えない

女性と男性、上司と部下など、相手によって接する態度を変える人っていますよね。
周りからは損得で動いているように見え、嫌な印象を与えてしまいます。

綺麗な人は相手が誰であれ公平に接し、平等に話してくれます。
誰でも苦手な人はいるものですが、綺麗な人は苦手な人に対しても皆と同じように接しようと努めます。
そのような態度は誰からも信頼されます。

12.振る舞いが優雅

大きな音を立ててドアを閉めたり、食べ方が汚かったり。
美人でも振る舞いが雑だと残念ですよね。

綺麗な人は一つ一つの動作に注意を払うので、上品で丁寧な印象を与えます。
ドアを占める時は音を立てないようにする、物は静かに置く、食べる時は口いっぱいに詰め込まない…など、ほんの少し意識を変えるだけでその人全体の印象が変わるはずです。

13.自分をコントロールできる

綺麗な人は自分のことをよく知っており、自分をコントロールすることができます。
どんな人と相性が悪いのか、こんな状況の時はどう行動するべきなのか、自分に合ったストレス解消法は何か…
など、これまでの経験から学んだことを活かすことができます。
自己管理ができる女性は、自立していてきちんとした女性というイメージを与えます。

14.ポジティブ

綺麗な人は常に前向きでポジティブ思考です。
時にネガティブになることもあるものの、早く気持ちを切り替えて前に進もうとします。

いつも後ろ向きな考えだと、暗く落ち込んで見え、魅力的には映りません。
いつまでもうじうじしている人も同じです。
ちょっとしたことでブレずに前に進んでいく力強い人のほうが、頼りがいがあって魅力的に見えます。

15.料理上手

綺麗な女性は食生活に気を使っているので、自分で食べるものは自分で作るように心がけます。
難しくて手の込んだ料理を作る必要はありません。
料理を楽しみ、カラフルで栄養バランスの取れた食事を作ることのほうが大切です。

16.人の悪口を言わない

綺麗な人は絶対に人の悪口を言いません。
たとえ誰かに不満があっても、その人の悪口を言う前にまず自分に非がなかったか振り返ります。

すぐに誰かのせいにして悪口を言うような人は、美人であったとしてもワガママに思えますよね。
それに、【当てはまってない?】誰からも嫌われる人の特徴15選!でもご紹介している通り人の悪口を言う人は嫌われます。

悪口が癖になっている人は、まず自分の行動を振り返る習慣をつけてみてはいかがでしょうか?

17.感情表現・表情が豊か

綺麗な人は感情表現や表情が豊かで、楽しいときにはとびきりの笑顔になり、悲しいときには涙を流します。
自分の気持に素直であると言うことができます。

表情が固く、感情をあまり表に出さないと周りからは
「あの人いつも何考えてるんだろう?」
と思われやすく、近づきがたい印象を与えてしまいます。

自分の気持ちに素直になると、心がリラックスして表情が豊かになりますよ。

18.自分にしっかりとした軸がある

若い時は流行に合わせた服を着たり、皆と同じものを持ったりと周りに合わせた行動をしていても良かったかもしれません。

しかし30代、40代になっても周りに合わせているのでは自立した女性とはいえませんね。
綺麗な人は今までの経験から自分の中に軸を確立し、好きなファッションスタイル、人生のモットー、目指したいたいことなどをわかっています。
周りに流されず、確固たる自分を持っている人は強く、美しく見えます。

19.整理整頓できる

芸能人でも、美人で清楚なイメージなのに部屋や持ち物がぐちゃぐちゃで幻滅してしまったことはありませんか?
綺麗な人は物を綺麗に整頓し、バッグの中や職場の机はいつもキレイ。
もちろん自分の部屋も片付いてスッキリしています。

整理整頓ができるということは物の管理が上手く、物を大切にしているとも言えます。
物を無くすことも滅多にないので仕事の効率も良く、時間にも余裕を持つことができます。

まさに「デキる女性」のイメージですね。

20.顔立ちが整っている

一つ一つのパーツの形がキレイだったり、小顔だったり。
綺麗な人にはもともとの顔立ちが綺麗な人が多いです。

私も綺麗な人になりたい!その方法って?

女性なら誰でも綺麗な人になりたいと思うはず。
続いては、今すぐできる「綺麗な人になるための方法」をご紹介します。

1.スキンケアに気を遣う

綺麗な人に近づくための一歩はまず健康的でハリ・ツヤのあるキレイな素肌。
ニキビやシミ、肌荒れをメイクで隠そうとするとどうしても厚塗りになってしまいがち。
すると肌に負担がかかって、また肌荒れに繋がるという悪循環になってしまいます。
肌がキレイならメイクも軽くて済み、自然な仕上がりに。

透明感のある健康的な肌は毎日のケアの積み重ねです。
メイクはどんなに疲れていても毎日落としてから寝るようにしましょう。
化粧品も、なるべく添加物の入っていない、自分の肌に合った物を見つけて使い続けることが大切です。

また、スキンケアは化粧水や乳液など外側からのケアだけではありません。
十分な睡眠や正しい食生活、適度な運動などで内側からもケアをしていくことが大切です。

2.自分に合ったメイクを研究する

綺麗な人は自分の顔に合ったメイクをわかっています。
そして、ほとんどの人が濃いメイクではなく自分の顔の特徴を活かしたナチュラルなメイクをしています。
人は見た目ではないとわかっていても、実際はケバケバしたメイクよりもナチュラルで清楚感のあるメイクをしているほうが、好感を持てる方が多いのではないでしょうか。

雑誌に載っているメイクを試したり、話題の化粧品を使ってメイクをしたり。
まだ自分に合ったメイクがわからなかったり、濃いメイクで自分とは別人の顔に変身している方は、自分に合ったメイクを研究してみましょう。

3.ファッション

年齢が上になればなるほど、TPOや年齢、地位に合わせた服装が求められます。
特に職場では、いつどんな人に会っても恥ずかしくない服装を心がけることが大切です。

プライベートの服装は自由ですが、あまりに実年齢とかけ離れたファッションをしたり、いつもジーパンにスウェットだったりすると綺麗な人のファッションとは言えません。
センスに自信がない人は雑誌を見て真似したり、ショップに行ってお店の人に相談したりしてみましょう。
お気に入りのショップを見つけてそこだけで服を揃えるというのもいいかもしれません。

コーディネート全体を3色以内に抑える、同じトーンで合わせることを意識するだけでもうまくまとまります。

4.内面の充実

綺麗な人になるためには内面を磨くことも必須。
内面の状態が悪いと、見た目にも現れてしまうからです。

働く女性や主婦の方は、日々の仕事や家事でイライラやストレスが溜まることも多いでしょう。
ストレスが溜まっていると集中力が続かなかったり、周囲の人にきつく当たってしまったりします。
内側からキレイになるためには、ストレスを上手く発散させていくことが重要です。

おすすめなのが軽い運動。
時間がある方はヨガスタジオやジムに行くのもいいですし、時間に余裕が無い方は自宅でも手軽にできる縄跳びやエクササイズDVDがいいかもしれません。
汗をかくことで心も体もスッキリし、代謝が良くなってダイエット・美肌にも繋がるので嬉しいことばかりです♪

また、教養を身につけることも内面が充実した女性になるための秘訣。
本を読んだり、習い事教室に通ったり、資格の勉強をしたり。
将来のキャリアにも活かせるかもしれませんよ。

5.食生活

先ほども言ったとおり、人は食べたもので作られています。
お菓子やジャンクフードばかり食べていては太るばかりか肌もボロボロに。

野菜やフルーツ、タンパク質、炭水化物などをバランス良く取り入れた食事を心がけるようにしましょう。
ダイエット中であっても食事を抜いたり、一つの栄養素を完全に抜いたりするのはNG。
栄養が体全体に回らず、健康に影響を及ぼす可能性があります。

本当にキレイになりたいのなら、様々な種類の食物を積極的に食べるように心がけましょう。

美人にはなれなくても、綺麗な人には誰でもなれる!

いかがでしたでしょうか?
顔立ちが綺麗な「美人」にはなれなくても、努力次第で外見・内面の美しさを両方備えた「綺麗な人」には誰でもなれることがわかっていただけたと思います。

しかし、綺麗な人になるためには日々の積み重ねが必要です。
本当に綺麗な人になりたいと願うなら、綺麗な人に当てはまる特徴の一つだけでもいいので、今日から実践していきましょう。

明日すぐに「綺麗な人」と思われるのは難しいかもしれません。
しかし、日々の小さな心がけによって1年後には違う自分になっているはずです。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。