アボカドは夜に食べたほうがいい?!夜アボカドの効果と食べ方とは

タイトル

アボカドを夜食べるのはどうなの??

美容 、健康にいいと話題のアボカド。アボカドダイエットを成功させている人もいるなど常に話題の食品です。そんなアボカドの、美味しいからこそ知っていてほしい栄養素や得られる効果の数々。皆さんご存知ですか?

アボカドでダイエットという人もいますが、果たして夜食べても大丈夫なの?と悩んでいる人も多いようです。実際に「ダイエットしてるつもりが太った」という口コミも見られるので、夜食べるのを避けている人も多いのではないでしょうか。

でもなぜそうなってしまったのか、理由までは知らない人も多いのでは?ここでは、アボカドを夜食べることについて、何に気をつければいいのか。どんな効果が期待できるのか。そしてオススメの食べ方まで、詳しく説明していきたいと思います。

アボカドにはどんな効果があるの?
アボカドはダイエットにも効果がある?!
アボカドは朝昼晩どのタイミングで食べるのがいいの?
夜アボカドの効果とは?
アボカドを夜食べるときに気をつけるべきこと
夜にこそオススメ!「アボカド納豆」
アボカドは夜食べるのもオススメだった!

アボカドにはどんな効果があるの?


アボカドの効果

アボカドは、通称「森のバター」と呼ばれるほど栄養が豊富の果物です。アボカドにはビタミンを初めとして、食物繊維やミネラルが豊富に含まれています。ビタミンAを初めとして、B1、B2,Eと、様々な種類が含まれています。

さらに食物繊維に関しては、アボカド1個に対して、成人女性が1日に必要な食物繊維の約1/3とされる5.3g程度が摂取できるとされています。高脂質のため、ダイエットには逆効果ではと思われがちですが、アボカドに含まれるものに関しては、高品質で栄養豊富でダイエットに効果があると言われています。一体どんな効果が期待できるのか、詳しくみていきたいと思います。

アボカドには美容健康に嬉しい栄養がたっぷり!

アボカドに含まれるビタミンEは、強力な抗酸化作用を持っています。活性酸素を除去してお肌の老化を防ぐ働きがあり、更に、含まれているビタミンCも美容には欠かせません。ビタミンCといった、お肌に重要な栄養素は、ハリのあるお肌を作るために必要なコラーゲンの生成を促すもの。どちらが欠けても意味はありません。

ほかにも皮膚や粘膜を健康に保つ効果のあるビタミンA。疲労回復や糖質の代謝を促すビタミンB1。さらに、脂肪の蓄積を防いだり、脂肪の代謝を促進させるビタミンB2。ホルモンバランスを整えてくれるビタミンB6など、素敵な栄養素がたっぷり含まれています。

ビタミン以外にも、細胞生成に欠かせない女性に大切な「葉酸」が含まれています。これは妊活中の女性には嬉しい栄養ですね。また、カリウムやマグネシウム、カルシウム、鉄分や亜鉛といった、むくみや骨の形成、貧血予防にも有効な栄養素も含まれており、ミネラルが不足しがちな女性にこそオススメの食材なのです。

美容効果のほかにも、アボカドに含まれる不飽和脂肪酸により、動脈硬化や高血圧の予防にも効果があると言われています。「リノール酸」や「オレイン酸」といった不飽和脂肪酸は、悪玉コレステロール値を下げる作用があります。これにより、血液をサラサラにしてくれるため、健康に良いとされています。

アボカドはダイエットにも効果がある?!


ダイエット中の食事に、これだけ豊富な栄養素をもっているアボカドは取り入れていいのでしょうか?もちろん、大丈夫です。むしろダイエットに効果があるのでアボカドは積極的に取り入れていくべきでしょう。

アボカドには脂質が多く含まれています。このなかに、オレイン酸という少し特殊な脂質も含まれています。オレイン酸は脂肪をつきにくくしてくれるという、うれしい効果を持っており、脂質の代謝を活性化する効果も期待できる優れたものです。

そして、食物繊維を含んでいますから、便秘のを予防・改善をしてくれる効果も期待できます。ほかにも、含まれているカリウムには利尿作用があるため、身体から尿を出すことによって、取りすぎた塩分も一緒に排出することができます。なので、水分過多によるむくみ予防にも効果が期待できる食材なのです。

アボカドは朝昼晩どのタイミングで食べるのがいいの?


アボカドはどの時間帯に食べてもいいですが、1日1個を守るようにするのがポイントです。例えば昼間あまり動かないという人は、朝食にアボカドを取り入れると、エネルギーとして使うことができるので、余分なものを溜め込まずに済むのでオススメです。

しかしもし、貴方が夜食べすぎてしまう、夕食を減らしたい!という場合は、夕食前がオススメとなります。サラダなスライスにして、先に他の野菜と一緒に食べることで、満腹感を感じやすくなり、主食を食べ過ぎる恐れが減ってきます。

1日1個なので、朝と夜で半分ずつというのもアリですし、昼間は外回りでいっぱい動くという人は、お昼にしっかりと食べるのもオススメです。自分の生活リズムや、食事の取り方に応じてタイミングを見つけていきましょう。

夜アボカドの効果とは?


夜にアボカドを食べる場合は、間違えずに正しく食べることが大切です。なるべく内蔵負担を減らすように、他には何も食べないことがポイントです。

そして、アボカドには先にも説明したとおり、ビタミンが豊富。そのなかでもビタミンB6はエストロゲンの代謝に働きかける貴重な栄養素です。エストロゲンとは、ホルモンバランスを整えるために必要なもの。

生理不順だったり、お肌の調子が悪いという人は、このエストロゲンが足りていなかったり、ちゃんと代謝していないなど原因があります。内蔵負担をかけないように夜、アボカドを食べて、きちんと消化した状態で眠りにつけば、吸収された栄養素が働きかけ、ホルモン分泌を促してくれます。

一週間もすれば肌の調子が整ってくるという人もいますし、早い人だと3日程度で効果を感じられるという人もいます。肌の不調や便秘気味という過多にこそ、試してみてもらいたいと思います。

カロリーが高いから夜食べるとアボカドは太ってしまう?

アボカドははカロリーが高めで、1個あたり約230キロカロリー程度。ご飯1杯分に相当するカロリーです。栄養素はたっぷり含まれていますが、食べ過ぎには要注意です。

とはいえ、1日に食べる目安は1個程度なので、食べ過ぎなければカロリーのことはあまり気にしなくても大丈夫です。もし、夜食べたい場合は、太らないためにもポイントがいくつかあります。

アボカドを夜食べるときに気をつけるべきこと


基本的に、夕食や寝る2時間前までに終わらせておくのが良いというのが通説です。これは消化の効率や睡眠の質向上のためにも守る方がいいルールです。そしてこの食事は低糖質であればあるほど、太りにくくなります。

そういう面から考えると、アボカドは夜食べるのもオススメといえます。糖質が低く、1個で満足度も高いアボカド。カロリーが高いのがネックなので、夜食べる時は他の料理のカロリーや、ドレッシング、マヨネーズ、チーズなどといった付け合わせをカロリーハーフのものにしたり、減塩のものにしたりすることも大切になってきます。

また、ダイエットとしてアボカドを取る場合は、アボカドを使った一品だけを食べるのがオススメです。カロリーも抑えられ、満腹感を得られますし、食べた栄養をしっかり吸収できるのも効果があります。

夜にこそオススメ!「アボカド納豆」


アボカド納豆

夜アボカドを食べる場合は、アボカド納豆が1番のオススメ!とくに肌の調子が悪いという方にぜひ試してもらいたいメニューです。作り方も簡単なので、ぜひこのレシピを試してみてください。

【材料】
・アボカド 適量(ダイエット中の人は半分でもいいでしょう)
・納豆 1パック
・カッテージチーズ 適量
・しょうゆ 適量
・わさび お好みで

<作り方>
1.アボカドを一口大にカット。納豆をかき混ぜる。
2.アボカドの上に納豆をかける。お好みでカッテージチーズ、しょうゆ、わさびをプラス。

夜の置き換えに アボカド入りスムージーはいかが?

そして、夜の置き換えにオススメなのがアボカド入スムージー。作り方はアボカドとヨーグルトを混ぜたものをさらに牛乳を加えて作るだけ。
【材料】
アボカド 1/2個
ヨーグルト 100g
はちみつ 大さじ1
レモン汁 適量
牛乳 お好み(コップ半分程度~1杯で調整してください)

<作り方>
1.ヨーグルトを入れたミキサーのなかに、アボカドをスプーンでくり抜いて入れる。
2.はちみつとレモン汁、牛乳を加える。
3.ミキサーで混ぜて完成。

もととなるのはアボカドヨーグルト。アボカドヨーグルトはテレビ番組で友近さんがダイエットに成功した整腸作用のある食べ方です。夜、これを置き換えて飲むことで寝ている間に腸内の善玉菌と悪玉菌のバランスが整ってきます。そうして腸内環境が整えられると、便秘の解消が期待できます。結果として、ダイエットに効果的なので、夜にこそおすすめです。

アボカドは夜食べるのもオススメだった!


カロリーが高く、夜食べるのはダメなんじゃ?と思われがちなアボカドでしたが、食べ方によっては夜食べるからこその効果が得られることもわかりました。食べ合わせや量を、自分の運動量と見合わせながら、身体に良い食べ方を実践して、夜に食べても得られる効果を存分に活かしていき、美肌、美ボディを手に入れましょう!







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。