休日の過ごし方20選!一人だって有意義に過ごせます♪

せっかくの休日、有意義に過ごしたい!

1周間が終わり、やっと休日。
日頃のストレスや忙しさから解放される貴重な時間ですね。
今度の休みはこれやりたいな~ここ行きたいな~と考えながら休日を楽しみに日々をすごしている方は多いのではないでしょうか?

しかし今時の大学生や社会人は仕事や付き合いで平日はお疲れ。
せっかくの休みは有意義に時間を使った過ごし方をしたいと思っていても、結局休日は寝て過ごして後悔してしまう…という方も少なくないはず。

何もせずに休日を過ごしてしまうとせっかくの休日を無駄にしてしまった感がありますし、リフレッシュも十分にできず、新しい1週間の始まりに向けて気持ちを切り替えられないこともありますよね。
逆に有意義な休日を過ごせると心も身体もリフレッシュでき、また勉強や仕事を頑張ろう!というエネルギーが湧いてきませんか?

なので、有意義な休日を過ごすことは心身のためにとても大切です。
また、休日の間に今まで溜まっていた疲れやストレスを発散できれば勉強・仕事の効率も上がります。

この記事では、有意義な休日を過ごすためにするべきことや一人でも出来るおすすめの休日の過ごし方を紹介していきますよ。
あなたにぴったりの休日の過ごし方を見つけてみてくださいね!

休日を有意義にするためにすべきこととは?

有意義な休日を過ごしたいと思っても、スタートを失敗すればやりたいことがやれなくなってしまうかもしれません。
まずは、有意義な休日を過ごすための準備から始めましょう。

1.休日の前夜は早く寝て、いつもどおりの時間に起きる

金曜日の夜は決まって職場の同期や上司と飲み会なんて方も多いのでは?
休みの前の日は夜更かしをして、休日は昼過ぎまで寝ている…ついついやってしまいますよね。
学校や仕事がないので、ゆっくり寝ていられることは休日の魅力の一つですよね。

しかし、いくら休日だからといって午前中を寝るために消費してしまったら1日の半分を寝て過ごしてしまったことになります。
午後から何か始めよう!と思っても、結局は午前中のテンションのまま過ごしてしまうもの。

なので、次の日が休日だからこそ早めに寝て、朝はいつもどおりの時間に起床するようにしましょう。
1日に出来ることが増えるので、これだけで有意義な休日を過ごすための大きな1歩になります。

2.自分の「やる気スイッチ」を起こすアクションを決めておく

やりたいことはあるのになかなか動き出せない人は、アクションを起こすためのきっかけがないだけかもしれません。
そこでおすすめなのが、「やる気がなくても何か行動を起こす」という方法。
この方法は、実は脳科学的に見ても効果がある方法なんですよ。

人のやる気に関わる「側坐核(そくざかく)」は何もしなければはたらいてくれません。
しかし、どんな小さいことでもいいのでワンアクションを起こすと、やる気を引き起こすホルモンであるドーパミンがどんどん分泌されます。
するとやる気が出てきて、本当にやりたいことに取りかかれるというわけなんですね。

このやる気スイッチを押すアクションは、やる気ゼロのときでも出来るものがおすすめ。
たとえば
・ベッドから起きて布団を整える
・カーテンを開けて朝の日差しを浴びる
・キッチンへ行って水を飲む
・窓を開けて深呼吸

起床時に行うアクションは布団から出るきっかけにもなるのでおすすめですよ!

3.すぐに着替える

どこにも出かける用事がないからと行ってパジャマのままでいると、自然とゴロゴロダラダラしたい気持ちになってしまうもの。
だからこそ、休日を有意義に過ごしたい場合は1日中家にいる予定だとしても着替えてみて下さい。

凝ったおしゃれをする必要はありません。
ここで服選びに迷うと着替えるのも億劫になってしまいます。
クローゼットの1番上にあった服でも、洗濯物の山の中から適当に取った服でもかまいません。
ちょっと外に出られる程度の服に着替えましょう。

着替える前は面倒に思えても、一度着替えてしまえば気分がシャキッとするはず。
これで最高な1日のスタートは完璧です♪

4.休日までに「やりたいことリスト」を作っておく

「今度の休日は部屋の掃除をしよう」
「このレシピ美味しそう!今度の休日に作ってみよう」
なんて、やりたいことが浮かんでくる平日。

でもいざ休日になると、やりたいと思っていたことを忘れてしまったなんてことありませんか?
なので、やりたいと思ったことはその場でメモしておくのがGood。
「今度の休みにやりたいことリスト」として残しておきましょう。

リストにあることを全部やる必要はありません。
どれか一つでもやりたかったことができたなら、有意義な休日が過ごせたと思えるはずです。
休日の前夜にリストを見返して、明日は何をしようかな?と考えるとそれだけでうきうきしますよ♪

一人でも出来る有意義な休日の過ごし方が知りたい!

友達や恋人と過ごす予定がある場合もありますが、いつも誰かと休日を過ごせるわけではないですよね。
むしろ、一人で過ごす休日のほうが多いものです。

一人で休日を過ごすとなると、何をやろうか迷ったり、一日中テレビやネットをしたりとパターン化してしまいがちですよね。
たまにはそんな休日も必要ですが、いつもそんな過ごし方では飽きてしまいます。
一人でも休日に出来ることは意外にたくさんあるんですよ!

では、一人でも出来る休日のおすすめの過ごし方をインドア・アウトドア別にご紹介していきます。

一人でも出来る有意義な休日の過ごし方10選~インドア編~

1.読書

一人でも出来ることとして定番なのが読書。
忙しい平日はまとまった時間が取りにくいため読書をするのは難しいですが、たっぷりと時間が取れる休日は読書にぴったりです。

本を読んでいる時って、嫌なことを忘れて無心になれますよね。
実は、読書にはストレスを軽減させる効果があるんです。
イギリスのサセックス大学の研究結果によると、わずか6分間の読書でも60%以上のストレス軽減効果を得られるそうですよ。

本のジャンルはなんでもOKですが、自分が内容に没頭できることが重要です。
自分が興味のある本を読みましょう。
小説や新書などの活字だけではなく、マンガや雑誌でも大丈夫ですよ!

でも、読みたい本が特にない場合や何のジャンルに手を付けていいかわからない場合もあります。
そんな時は図書館や大型の本屋に行ってみましょう。
ふらふらと見て回るだけでも目にとまる本があるはずです。
外出するきっかけにもなりますね♪

2.資格の勉強をしてスキルアップを図る

資格の勉強は自分の仕事や将来に役立ちます。
資格を一つ持っているだけで就職や転職に有利になったりします。

しかし資格の勉強もまとまった時間がないとなかなかできないもの。
ですから休日はまさに資格の勉強にはうってつけといえます。

最近は資格取得のための本もたくさん出ていますし、通信講座も豊富なので家にいても出来るのが魅力です。
自分では勉強に不安があるという方はスクールに通ってみてもいいでしょう。
最近では短期で資格取得ができるスクールもあります。

資格取得でなくても、自分の趣味についての勉強をしたり語学の勉強をしたりするのもいいですね。
趣味についての知識が深まればよりその趣味を楽しむことができますし、語学の勉強は仕事の可能性を広げてくれるかもしれません。
語学を通じてその国の文化を知るのも面白いですよ。

休日の間にスキルアップして、自分をもっとパワーアップさせちゃいましょう。

3.趣味に没頭する

一人で過ごすからこそ趣味に没頭できるのもいいですよね。
趣味の中には人に理解されにくいものや一人でしかできないものもあります。

一人で過ごす休日に趣味に没頭すれば、何をしようと誰にも邪魔されることはありません。
趣味だけに打ち込んでいる時って、嫌なことを忘れて自分の好きなことだけに集中できるので幸せな時間ですよね。

実は趣味に打ち込むことによって心身のリラックス効果があることがわかっているんですよ。
アメリカの研究によると、3日間趣味に没頭して過ごしたほとんど人は「楽しい」と回答したんです。

趣味には絵を書いたり読書をしたりといった芸術センスを刺激するものだけではなく、テレビを観たりゲームをしたりパズルをしたりといった娯楽も趣味に含まれます。

「私には趣味らしい趣味がないな…」と思っている方も、時間を忘れて没頭できることがなにかあるはず。
一つのことに夢中になれるなら、それは立派な趣味なのです。
せっかく一人で過ごせる休日は、好きなことに没頭してリラックスしてみては?

4.大掃除・部屋の模様替え

有意義な休日の過ごし方として大掃除や部屋の模様替えもおすすめ。

普段はなかなか掃除をしないようなところまで掃除をしてみましょう。
「今日はキッチンを徹底的にピカピカにする!」というように家の中の一つの場所を気が済むまでピカピカにしてみるのもいいかもしれません。
汚かったところが綺麗になると気持ちもスッキリしますよね。
また、掃除は意外と疲れるのでカロリー消費にもつながります。

部屋を綺麗にするついでに断捨離をするのもあり。
いらないものを捨てたり売ったりして身の回りのものを整理することによってリフレッシュできます。

部屋の模様替えをしてみるのもいいでしょう。
家具の配置を変えてみるだけでもいつもと景色が変わりますよ。

5.ひたすら映画やドラマを観る

今までに観たかった映画・ドラマをひたすら消化するのもいいですね。
まとまった時間がないとできないことの一つです。
誰かと映画やドラマを観るとなるとお互いが観たいと思うものを選ばなければなりませんが、一人で観れば自分の好きなものを選ぶことができます。

感動もので泣くのもよし、恋愛や友情ものでほっこりするのもよし、コメディで思いっきり笑うのもよし。
思いっきり感情を発散させればストレスの解消にもなります。

金曜日の仕事帰りにレンタルショップで好きなシリーズをを選ぶのも楽しそうですね。
最近では月に一定額を払えば映画やドラマが見放題のサービスも増えているので、そちらを利用するのもおすすめです。

6.You Tubeをひたすら観まくる

YouTubeは観始めたら止まりません。
おもしろ系から考えさせられる系、感動系などありとあらゆるジャンルの動画が上がっているので延々と観続けることができます。

関連動画をひたすら観続けるのもいいですし、一人のYoutuberの動画を全て観尽くすのもいいでしょう。
有名な人のスピーチを聞いて感銘を受けるのもいいかもしれません。

7.料理に挑戦

普段料理をしない方は、休日だけでも料理をしてみてはいかがでしょうか。
特に独身だと外食やコンビニで買ったものを食べることが多くなりがちですが、料理をすれば食について見直すきっかけにもなるかもしれません。

食は健康を保つ上でも心を豊かにする上でも重要です。
材料から自分で調達することによって食べ物に対する関心が深まるでしょう。
作り終わった時の達成感を味わえるのも料理のメリットです♪

一人なので味や見た目に気を遣う必要はありません。
レシピサイトなどでレシピを検索して美味しそうだと思うものを作ってみて下さい。
最近では動画で作り方を紹介しているアプリもありますし、ネット上でプロのシェフによるレッスンが受けられるサイトもあるようですよ。

また、料理は意外に頭を使うものです。
どうすれば効率的にできるかなとか、どうすれば洗い物を少なくできるかな、と考えながら料理することで頭の体操にもなりますし、ぱぱっと美味しい料理が作れたときには気持ちが良いものです。

8.自分の人生について真剣に考えてみる

勉強や仕事に追われて、自分の人生について考えることってなかなかないですよね。
でも、ときどき「私ってなんのために生きてるんだろう…」とか、「私これからどうしていくんだろう…」と不安になったりむなしくなったりすることありませんか?
そんな時は休日の一人の時間を使って自分の人生について考えてみるのもいいでしょう。

おすすめなのが「人生でやりたいことリスト100」を作ることです。

自分がやりたいと思っていることを欲望のままに100個書き出してみましょう。
実現可能かどうか、常識的かどうかは考えず、とにかくやってみたいことをひたすら書き出してみて下さい。
「ご飯を毎日食べる!」といったことから、「世界を豪華客船で一周」なんて夢でもいいんです。

やりたいことを考えてみると、自分と向き合うことができ、自分がこれからどのように生きていきたいのかが見えてきます。
すると、別に意識はしていなくても自然とやりたいことに向かって行動できてしまうものなんです。
それに、あれもやってみたい、これもやってみたい、とワクワクして前向きな気持になります。

どう生きていくかを考えることは人生を充実させるためにも大切なことです。
人生について悩んでいるかたは、ぜひ「人生でやりたいことリスト100」を試してみて下さい。

9.旅行の計画を立ててみる

旅行の計画を立ててみるのもいいですね。
旅行会社のサイトでパッケージツアーを見比べてみたり、行きたい国・地域について調べるのは楽しいものです。

パッケージツアーで予約するのもいいですが、最近は航空券の手配から宿の予約、プランを立てるまで全て自分でやる人も増えています。
計画を立てることが好きな方は1から旅行を計画して自分オリジナルのツアーを作ってみるのもいいかもしれません。
「台湾食べ歩きの旅」「フランス美術館を巡る旅」などテーマを設定するのもGood。

旅の計画を立ててしまえばそれに向かって頑張れるので、勉強や仕事のモチベーションアップにもつながりますね。

10.好きなものを食べる

月に1回くらいは、太るなんて考えずに好きなものをひたすら食べる日があってもいいでしょう。

前日に好きなものを買い込んで1日かけて消費するもよし、家から1歩も出ずにデリバリーで済ませるもよし、大食いファイターのようにデカ盛り料理を作ってみるもよし、とにかく欲望のままに食べましょう。
好きなものを食べることで心が満たされてストレス解消になりますし、「週明けからまた頑張ろう」という気持ちにもなります。

ただし健康に害が出るくらい食べるのは禁物。
また、これを休みのたびにやったら確実に太りますので、頻度には注意してくださいね。

一人でも出来る有意義な休日の過ごし方10選~アウトドア編~

1.とりあえず外に出てみる

行きたい場所がなくても、とりあえず外に出て歩いてみるのはおすすめです。

遠出をする必要はありません。
自宅の周りを少し歩いてみるだけでも「こんなお店あったんだ!」と新たな発見があったりします。
普段通学・通勤のためにしか歩かないような道だと、改めて歩いてみたらまったく知らない土地に来たような感覚になるかもしれません。

電車に乗って、適当な駅で降りてみるのもいいですよ。
新しい場所に行くことでリフレッシュになりますし、お気に入りのお店やカフェが見つかるかもしれません。

どこか行きたい場所がある場合は事前に計画を立てて回るのもいいですが、特に行きたい場所がない場合は逆に何の目的もない方が良かったりします。
歩いていて気になったお店に立ち寄ったり、美味しいものを食べたり、写真を撮って回ったり、いろいろなことが出来ます。

2.自分磨きに行く

外見・内面共に磨くことはとても大切です。
大人としてマナーや教養を身につけて内面を磨くことはもちろん、外見に気を遣うことも忘れてはいけません。
よく「人は見た目じゃない」といいますが、初対面の人に判断される基準は外見ですし、ある程度収入や地位が上がって来たらそれ相応の身なりに整えないと恥ずかしいことになります。
また、自分磨きをすることで自分に自信を持つこともできます。

内面を磨く方法としては、本を読んだりマナー講座に行ったり、習い事に通ったりするといった方法があります。
外見を磨くなら、エステやマッサージ、ちょっといい服を買いに行く、美容院に行くなどがいいでしょう。
女性ならメイクやヘアアレンジの仕方を勉強するのもキレイオトナ女子に近づくための一歩です。

自分のためにお金をかけることは悪いことではありません。
素敵な社会人になるためには必要なことなのです。

3.一人旅をしてみる

一人旅も、休日を有意義に過ごすのにはおすすめです。
旅というと大型連休にしかできないというイメージですが、国内なら1泊2日でも十分可能ですし、海外でも韓国や台湾、香港など近場なら飛行機で2~4時間、往復2万円程度で行けちゃいます。
最近はLCCの登場で渡航費も安く押さえられますから、週末プチ旅行のハードルはそれほど高くありません。

一人旅の魅力は、自分の好きなように旅ができること。
泊まるホテルや食べるもの、スケジュールの組み立てなど全て自由です。
旅行中に行きたい場所が増えて、スケジュール変更をするのも自由。
誰にも気を遣うことなく気ままに旅ができるのが一人旅の魅力です。

また、他の一人旅の人と話をしたり現地の人と話をしたりと新たな出会いもあります。
一人でいるほうが意外と知らない人に話しかけたり、逆に話しかけられたりしますよ。

4.一人カラオケ

みんなでワイワイするカラオケも楽しいですが、歌のチョイスに困ることがありますよね。
特に自分しか知らないようなアニソンだったりすると、みんなの前で歌うのは結構な勇気がいるもの。

普段誰かとカラオケに行くときは歌えないような歌を歌えるのが一人カラオケです。
個室なので自分だけの世界に入れますし、1日中過ごせるのでおすすめです。
思いっきり声をだすことでストレス解消にもなりますよ!

5.美術館や映画館に行く

一人で行きやすい場所としては美術館や映画館、博物館などがあります。
周囲の人は作品に集中しているので一人でも目立たないですし、そもそも一人で来ている人も多いです。

美術館で芸術に触れたり、映画を観たりすると感性が刺激されて自分磨きにもつながります。
感性が豊かな人って素敵ですよね。
仕事に関する新しいアイデアが浮かんでくることもあるかもしれません。

6.ジムで思い切り体を動かす

現代人は運動不足になりがち。
普段の運動は家~最寄り駅、駅~学校や会社の往復で歩くのみ…という方も多いのではないでしょうか。

運動不足は健康にも良くないですし、溜まったストレスも解消されません。
まとまった時間が取れる休日だからこそ、思い切り体を動かしてみましょう。

女性ならヨガやピラティス、男性なら筋トレ系のジムにいくのもいいですね。
この際、運動の習慣をつけるためにジムの会員になってしまうのもいいかもしれません。
運動して汗をかけば気持ちがリフレッシュしますし、新しく運動を始めるきっかけにもなります。

仕事をするにも健康が第一です。
週末だけでも体を動かして汗をかいて、心身ともにリフレッシュしましょう!

7.体験教室に行ってみる

陶芸、フラワーアレンジメント、アクセサリー作りなどの体験教室に行ってみるのもGood。
1日だけ気軽に参加できる体験教室って意外と多いんです。

何かを作る体験は、完成した時の達成感がなんとも言えないですよね。
完成したものを実際に使ったり、部屋においたりすると気分もあがります。
彼氏・彼女へのプレゼントを作るのもいいですね♪

1日の体験を通して趣味が見つかったり、新しい交友関係ができるのも体験教室のメリットです。

体験教室をきっかけに本格的な趣味へと変わっていく人も多いみたいですよ。
これといった趣味がなかったり、新たな趣味を見つけたいという方には体験教室はおすすめです。

同じ教室に集まる人は同じ興味・関心を持っている場合が多いです。
普段付き合っている人たちとは少し違った内容の話ができるかも!
新たな人脈が出来ると世界が一気に広がりますよ。

8.温泉

リフレッシュのためにも温泉はおすすめです。
家にはない大きなお風呂でのんびり湯に浸かることでゆったりできます。

一人で温泉というと勇気のいるイメージがありますが、入ってしまえば意外と気にならないものです。
友達同士で来ている人たちも、温泉に入っている時は別々に行動していたりします。

周囲のことは気にせず、何も考えないでぼ~っとするのはとても気持ちいいですよ。
温泉からあがった後は、悩みやストレスはふきとんでいることでしょう。

また、温泉には疲労回復や肩こり、腰痛に効く成分も入っているので健康にもいいんです。

9.「お一人様」の限界に挑戦

最近「お一人様」をする人、増えていますよね。
カフェでもお一人様用の席が用意されているほどです。

一人の休日に何をしたらいいのかわからないのは、一人で何かすることに慣れていないことが理由かもしれません。
一人で何が出来るかをわかっていると、一人で有意義な時間を過ごす方法に困らないでしょう。

慣れないうちは一人で何かすることに抵抗があるかもしれませんが、慣れてくれば周囲の目のことなど気にならなくなります。
逆に周囲の目が気になっているうちは、一人で何かをしようにも充実感を得にくくなります。

まずはお一人様カフェやお一人様映画などハードルの低いことから始めてみましょう。
そして徐々に一人で出来ることを増やしていくんです。

「お一人様◯◯を15個作る!」と目標を決めるのもいいかもしれません。

10.実家に帰る

やっぱり、一人ぼっちで休日を過ごすのはなんか寂しい!と思う方もいるはずです。
そんな時は実家に弾丸帰省してみてはどうでしょう。

帰るまでは一人かもしれませんが、家に帰れば家族や地元の友人が待っています。
誰かが自分のことを迎えてくれるのは、なんだか温かい気持ちになりますよね。
実家は1番安心できる場所でもあります。

なかなか会えない家族や地元の友人と過ごす時間は貴重なもの。
お母さんの手料理を食べたり、近況報告したり。
短い時間でも一緒に過ごすことで、休日明けの活力になるでしょう。

また、実家に帰って元気な姿を見せたり、仕事について話したりするだけでも親孝行になります。

日常の仕事やストレスから開放されて、充実した休日となるでしょう。

有意義な休日の過ごし方のまとめ

いかがでしたでしょうか?

休日をいつも友人や恋人と過ごすのはなかなか難しいもの。
だからといって、休日を一人で過ごすとなるとほとんど何もせずに1日が終わってしまったり、気づいたらいつも同じことばかりしているなどマンネリ化しがちです。

一人で有意義な休日を過ごすのは難しいように感じるかもしれませんが、工夫次第で一人でも充実した時間を過ごすことができます。

平日のうちに休日の予定を考えたり、前日は早く寝たりと有意義な休日を過ごすための準備をし、朝起きて「やる気スイッチ」を押すアクションを起こせばあとはやりたいことをやるだけです。

プライベートの充実は勉強や仕事の充実にもつながります。
今日から早速、「休日にやりたいことリスト」を作ってみては?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。