毛穴パックを正しく使ってイチゴ鼻を治そう!間違えた使い方を知って、正しい毛穴汚れ対策☆

毛穴パックは使い方一つで悪者に?間違えた使い方はとっても危険!

毛穴に詰まった角質やゴミで出来る黒ずみ。見た目にも悪いイチゴ鼻の毛穴ケアとして定番の毛穴パック。ゴッソリと角栓がとれる様子はスッキリしますよね。

しかし、毛穴パックは間違った使い方をすると、とても危険です。キレイに取れないだけでなく、肌に負担をかけてしまい、さらに悪化させてしまうことも…。
だからと言って、毛穴パックは悪!というわけでもなく、正しい使い方をすれば、角栓をゴッソリ取ってくれるだけでなく、産毛も取ることができ、憧れのツルツルの陶器肌にしてくれる嬉しいアイテムです。

今回は、そんな毛穴パックの正しい使い方や効果的な使用方法。さらに、シートタイプからクレイタイプまで、おすすめの毛穴パック。そして、気になる毛穴の黒ずみを未然に防ぐ方法について、ご紹介したいと思います。上手に肌をキレイにして、美肌を継続して維持できるようになるコツ、お教えいたします!

効果バツグン☆正しい毛穴パックの使い方とは?
使い方を間違えると、毛穴パックはデメリットだらけ?!
やっていたらすぐにやめて! 間違えた毛穴パックの使い方
オロナインパック、ニベアパックもNG!
手作り&市販品 おすすめ毛穴パック6選
毛穴の黒ずみを未然に防ごう
毛穴パックを上手につかって透明肌を手に入れよう!

効果バツグン☆正しい毛穴パックの使い方とは?

毛穴パックは、正しく使えば毛穴を広げる事もなく、詰まった角栓を除去した上で、毛穴の広がりを小さくしていくことが可能です。その正しい使用方法を、シートタイプと洗い流すタイプと合わせてご紹介いたします。

<シートタイプ>

ゴッソリと詰まった角栓を取ってくれるシートタイプは次の様にして使えば、肌への負担も少なくなります。

①クレンジングオイルでしっかりとメイクを落とし、洗顔をする。
②蒸しタオルを乗せて毛穴を広げる。
③小鼻全体をしっかりと濡らし、毛穴パックを乗せる。脇は浮きやすいため、しっかりと爪先などで押えて密着させましょう。
④説明書通りの時間置いてから、端から丁寧に剥がしていく。
⑤パックした部分を、冷蔵庫で冷やした化粧水でパッティングして、毛穴を引き締める
⑥保湿クリームをたっぷりと塗布する

シートタイプは最後の⑤⑥を怠ると毛穴が開きっぱなしになってしまいます。水分補給と油分補給を忘れずに行いましょう。
また、毛穴が開いている状態でしっかりと保湿を行えば効果は抜群です。ケアを忘れずに美肌づくりに専念しましょう!シートタイプの毛穴パックは、1週間から10日に1度程度の割合がおすすめです。あまり頻繁に行うと肌に負担がかかってしまうため、注意が必要です。

<クレイパックタイプ>

洗い流すタイプのものは、クレイパックがメインです。大地の粘土層から取れる粘土を原料としており、吸着性や抗炎症作用、殺菌作用があるとされていて、肌への負担は少ないのが特徴です。

①メイクをしっかりと落として洗顔する。
②蒸しタオルを顔全体に当てて、毛穴を開く。
③パックする部分の肌が隠れる量を塗り伸ばして、指定の時間置く。
④パック成分が残らないよう、しっかりと洗い流す。
⑤冷蔵庫で冷やした化粧水でパッティングし、毛穴を引き締める。

クレイパックタイプは、洗い流した後は洗顔を特に行いません。そのためパックが残らないように、特に生え際などをしっかりとすすぐことがケアのポイントです。シートタイプよりも肌への刺激は少ないですが、肌に残ってしまうとダメージの原因となってしまう。保湿はしっかりと行いながら、5日に1回の割合で使用するのがおすすめです。

使い方を間違えると、毛穴パックはデメリットだらけ?!

毛穴パックがだめだと言われるにはいくつかの理由があります。

そのひとつが、シートタイプによくある、必要な成分まで除去してしまうことです。汚れをしっかり除去してくれるだけならいいのですが、シートタイプは同時に肌表面の角質や油分、水分までも除去してしまいます。これによって、肌に負担がかかってしますのがデメリットとなります。

また、負担が少ないとされる洗い流すタイプのものも、水分や油分を一緒に落とすほどの洗浄力があるため、しっかりとケアをしないとパックの成分が肌に残ってしまい肌が荒れることもあります。美肌のために行ったケアが、むしろ肌荒れを悪化させるなんてこともあるので、使用する際には注意が必要です。

やっていたらすぐにやめて! 間違えた毛穴パックの使い方

毛穴パックは,しっかりと使い方を守れば肌ケアに欠かせないアイテムです。しかし、間違えた使い方は更なる肌トラブルや毛穴が開きっぱなしになるなど、逆効果を招くことになるので注意が必要です。特に多い間違えた毛穴パックの使い方は以下の通り。あなたは、間違えた使い方していませんか?

  1. 毛穴を開かずにパックを使っている。
  2. 毛穴が閉じたままだと、うまく吸着面が付かずに角栓除去がされず、大事な肌を傷つけるだけになってしまいます。

  3. 使用後のスキンケアを行っていない。
  4. パックをしたあと、綺麗になったからと放置していては、毛穴が開きっぱなしです。再び皮脂やホコリ、雑菌などが入り込んでしまい黒ずみの原因になってしまいます。きっちりと化粧水や乳液を使って毛穴を引き締めるようにしましょう。

  5. 高い頻度で毛穴パックを使っている。
  6. いくらゴッソリと毛穴汚れが取れるからといって、日頃から使っていては肌の負担になるだけです。皮膚のターンオーバーを乱すだけでなく、必要な成分まで除去してしまい新たな肌トラブルを招いてしまいます。説明書に書かれているように、メーカーが指定している期間をあけて使うようにしましょう。

  7. はがす時に、早く無理やりはがしている
  8. ゆっくりとはがすことで、肌にかかる負担を少しでも和らげることができます。ですが、勢いで一気にはがしてしまうと、不要な力が加わってしまいます。肌荒れの原因にもなるので、絶対にやめるようにしましょう。

オロナインパック、ニベアパックもNG!

すり傷、やけど、ニキビなのどの症状にも使えるオロナイン軟膏。これをつかって行うオロナインパック、ツイッターでリツートされて瞬く間に拡散されたスキンケア情報で、よく効くとも聞きますが、本当にそうでしょうか?

実はコレ、間違ったスキンケア方法です。実際にやってみた人の中にも「肌がピリピリとして痛くなった」という人もいます。毛穴の汚れが取れない、効果がないというだけならいいのですが、実は肌に危険でもあるんです。

そもそも、肌には皮膚常在菌というものが存在しています。名前の通り、皮膚に生息する菌ですが、これらは必要な菌なのです。しかし、オロナインは抗菌・殺菌作用が高いため、むやみに塗ってしまうと本来肌を守るはずの皮膚常在菌まで死滅させる可能性も…。オロナインパックは正常な肌機能のバランスを崩す大きな原因になってしまうこともあるので、絶対に行わないようにしましょう。

同じように、ニベアパックもパックとしては間違えた方法です。ニベアの場合、注目すべきは高い保湿力にあります。配合されている成分中に、イチゴ鼻や毛穴の黒ずみを軽減させるための成分は含まれていません。むしろ、主成分である油性分によって過剰に油脂をつけることとなってしまい、毛穴汚れが悪化してしまうのです。どちらも危険を伴う可能性もあるため、本来の使い方以外の使用は控えるようにしましょう。

手作り&市販品 おすすめ毛穴パック6選

では、オススメのパックをご紹介いたします!まずはコチラ、家にある材料で出来る簡単手作りパックをご紹介いたします。

●牛乳とゼラチンパック
①大さじ1の粉ゼラチンと大さじ2の牛乳を混ぜる
②電子レンジで10秒加熱
③ハケで気になる部分に素早く塗る
④ゼラチンが固まるまで放置する
⑤固まったらゆっくりとゼラチンを剥がす 

牛乳ゼラチンパックのメリットは、不純物がないため、安全にケアできるという点です。準備も簡単なので、時間がないときでもケア出来るののもオススメです。

●小麦粉とオリーブオイルのパック

①オリーブオイルと小麦粉を1:1の割合で混ぜる
②汚れが気になる部分へ塗る
③10分程度乾かす
④ぬるま湯で洗い流す
⑤保湿をしっかりと行う

オリーブオイルには肌に良いビタミンA、Eを含んでいて、さらにオレイン酸という主成分が毛穴の汚れや乾燥に効果があります。ケアをしつつも肌に優しい成分で、手間も少なくスキンケアが出来るのでオススメです。

●ヨールトパック

①ヨーグルトと小麦粉を1:1で混ぜる
②肌に塗る
③10分程放置
④ぬるま湯でしっかりと洗い流す

ヨーグルトにはフルーツ酸が含まれているためピーリング効果があります。代謝率を高める美肌効果も期待できるのでおすすめです。 次に、市販のものでおすすめの毛穴パックです。

●ビオレ 毛穴すっきりパック

①しっかりと蒸らし、毛穴を広げる
②鼻に張ってぴったりと吸着させる
③乾いたらゆっくりと剥がす 

毛穴パックといったらコレ!という方も多いのでは?ネット通販だと358円(税抜き)程度で手に入り、枚数も10枚と多いため定期的にケアをする人にはコスパもよくおすすめ。

●どろあわわ

①泡立てネットに水を含ませ、余分な水気は落とす
②ネットにどろあわわを2~3cm出す(分量が少ないと効果がありません!)
③空気を含ませながら泡立てる
④泡を転がすように肌の上を滑らせ、しっかり洗う
⑤ぬるま湯で泡が残らない様に落とす

ネットの口コミで話題になったどろあわわ。もちもちとした肌や美白効果はもちろんですが、毛穴汚れもとれると好評です。しっかりと毛穴汚れを取り除きましょう。

●ミルキーピュア ホワイトクレイパック

①洗顔後、手のひらに約5cm程度を取り出す
②額・鼻・両ほほ・顎にのせ、目と口周りはさけて伸ばす。肌が透けない程度の厚みがポイント。
③5分程度置いてからぬるま湯で洗い流す

毛穴汚れを取り除くのはもちろんですが、ミルキーピュアホワイトクレイパックは、なんと特許を取っているパラオホワイトクレイを使っています。メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐのはもちろん、角質や汚れを落としてくれるので、くすみのない肌を目指す人にはオススメのクレイパックです。

毛穴の黒ずみを未然に防ごう

毛穴の黒ずみの原因は大きくわけて4つあります。

①皮脂や古い角質が毛穴に詰まった汚れ
②毛穴の開きが影になっている
③皮脂の過剰分泌による毛穴詰まり
④毛穴周囲に蓄積したメラニン色素

それぞれのタイプによって対策が違いますが、まずはみぜんに防ぐ方法をご紹介いたします。

毛穴の黒ずみを防ぐ方法

多くが一度開いてしまった毛穴に汚れが詰まって出来ているものです。ホコリや皮脂などが詰まっていると、触ってザラザラするのが特徴です。この場合、ファンデーションなどメイクのクレンジングをしっかりと行う事が大切です。

しかし、そのあとにホコリなどがついてしまうと毛穴につまって仕舞います。そして開いた毛穴に更に汚れが入り込むという悪循環に。クレンジング後の洗顔と保湿をしっかりと心がける事が大切です。また、洗顔する際も洗顔料が残らないよう、しっかりとすすぎましょう

メイクをする際、化粧品を使う前に保湿などはもちろんですが紫外線ケアも侮ってはいけません。紫外線はメラニンを増やすだけでなく、活性酸素を皮膚の中で産生します。そのため、細胞が老化、コラーゲンの減少、ターンオーバーが正常に行われず、毛穴の開きをさらに進行させてしまいます。しっかりと保湿、洗顔、紫外線ケアを心がけるだけで、黒ずみは未然に防ぐ事が可能です。

毎日しっかりとケアをして、肌の状態を整えていきましょう。

毛穴パックを上手につかって透明肌を手に入れよう!

いかがでしたか?毛穴ケアはパックと共に、しっかりと日常のスキンケアを行うことで改善できます。スペシャルケアとして毛穴パックをした日は、入念なケアをして陶器肌を手に出来るよう努力していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。