友だちがいない人の特徴10選!友達を作る方法は?

自分は当てはまる?友達がいない人の特徴とは

友達がいないというと、とても寂しく感じたり、恥ずかしいと思う人も多いようです。その気持ち、わかりますよね。友達がいないと悩みを相談することもできませんし、困ったときにどうしたらいいか分かりませんよね。

だからといって、友達を作るのはそう簡単でもありません。しかし、友達は人生に楽しみを与えてくれる存在ですし、家族や恋人とは違う、信頼関係と共にかけがえのない存在にもなります。

では、どうやったら友達が作れるのか?そもそも、どうして友達が少ないのか?そんな誰にも言えない悩みについて、今回は友達が出来ない理由ははどこにあるのか。どうすれば友達が出来るのか具体的に見ていきたいと思います。

自分のどこに原因があるのか探ってみてください。

友達ができない10個の特徴はこれだった
人はいいのに友達ができない?その原因とは
友達がいないのは、やっぱりまずい??
友達をつくるには行動あるのみ!友達作りの秘訣とは?
そもそも友達は本当に必要なの?
まとめ

友達ができない10個の特徴はこれだった

①他人の気持ちを考えずに接する

他人の気持ちを考えない人は、なかなか友達ができずにいるようです。

他人の気持ちを察することが出来ないと、相手のことを傷つける発言をしたり、有難迷惑な行動をとってしまうようです。誰もが本音と建前をもって付き合うことで、良い友好関係が出来ます。しかし、面識があまりないのに本音をぶつけたり、空気が読めないでいると、ウザったいと思われてしまい信頼関係が構築される前に、疎遠になってしまいます。
解決策として、他人と接する時は自分を押さえて我慢するようにしましょう。もちろん、信頼関係が出来てきたら、少しぐらい本音を口にしても構いませんが、その時はまだ先です。友人が欲しいときは、我慢出来る人間になりましょう。

②自己開示ができず、交友関係が築けない

先に、本音を隠すとはいいましたが、相手を信頼して自分のことを話すようにしなくては、相手に自分を理解してもらえません。腹を割って話し合うことができれば、本当の友人になれるでしょう。ずっと表面的なことを話す間柄のままだと、それはただの知人です。自己開示をすることは怖いところですが、相手に自分のことを知ってもらうためにも、少しずつ心を開いていきましょう。

解決策として、相手のことを信頼するにつきます。相手との会話の中で少しずつ自分の事を打ち明けながら、互いの事を理解していきましょう。

③身だしなみがよくない

友達がいない人の特徴に、身だしなみが悪いというのも挙げられます。

特に初めて会う人とは、第一印象が大切です。話をして内面を見るより先に外見からはいるので、清潔感がある方がもちろんいいですよね。
身だしなみが悪いと、嫌なイメージが先行してしまいます。不潔だから一緒にいたくない、話したくない、と思われてしまうと、友達になんてなれません。

解決策として、最低限の清潔感を保てるようにしましょう。服はもちろん、靴や鞄、女性は髪を、男性は髭を整えることを特に心がけてください。彼氏彼女が出来ないと悩んでいる人は、こうした外見が影響している可能性もあります。異性だからこそ容認できないのか。同性でもムリと思われるレベルなのか。どうしても分からない場合は、思い切って周囲に聞いて見るのも方法の一つです。

④感情が乏しく人間味がない

無表情だと、なにが嬉しくて、楽しいのか、悲しいのか、よく分かりません。そんな人と一緒にいても楽しいと思えるでしょうか?

人間味が乏しいと、今度は完璧な人間と一緒にいる気分に相手はなり、劣等感が刺激されてしまいます。人間味が乏しいと感じるほど無感情な人は、ロボットのようなもので、やはり友人になりたいとは思えませんよね。親しみが沸きにくく、楽しく付き合えないと自ずと人を遠ざけてしまうことになります。

解決策として、やはり感情をオモテに出すようにしましょう。楽しい時だけでなく、悲しい時や辛いときの感情を出すことで、相手に共感を得られ、結果として信頼してもらえるようになります。交友関係の基盤となりうる信頼関係をまずは築くためにも、相手との壁を作らないようにしましょう。

⑤他人に興味がない

友人が出来ない人の多くは、他人に興味がない人です。他人に興味がないということは、友人への興味も持てないということです。相手の話を興味深く聞けないと、お互いに話していても楽しくはありませんよね。高校や大学に在籍中は自然と友人が出来るはずです。それでも、他人に興味が無いと交流は乏しくなり、連絡が途絶えて疎遠になっていきます。

解決策として、他人への興味をしっかり持つこと。相手がどんな趣味なのか、何が好きで嫌いなのか。ちょっとした会話でも楽しむことで、相手も自分に興味をもってくれます。

⑥自分勝手すぎる行動や言動が目立つ

男性でも女性でも、自分勝手すぎる人は友達が少ない人が多い傾向にあります。
学校や職場でも、自分勝手な人とはあまり関わりたいと思いませんよね。最初に言ったとおり、他人の気持ちも考えずに行動するため、一緒にいても不快感しかありません。そんな人とは友達になりたくはありません。

解決策としては、相手のことを考えて行動や発言をすることにつきます。自分が言われて嫌なことは言わない。相手を振り回すような行動はしない等。自分では気づきにくいところもあるでしょう。友達が少ないと思う人は、少し自分の行動を振り返ってみてください。

⑦他人の悪口を平気で言う

カフェやレストランで、他人の悪口を話している人を見たことはありませんか?確かに少しの愚痴なら口にしてもいいですが、ずっと悪口ばかり聞かされていると嫌な心理になります。とても不愉快な思いをしてまで一緒にいたいと思わないと、人は離れていき一人になってしまいます。

解決策としては、やはり人の悪口は言わないようにすることです。人としての品格さえ疑われてしまいます。

⑧一人が楽で良いと思っている

友達がいない人のなかには、最初から一人が楽だという人もいます。嫌いな人や友達に気を使うのが疲れるという人は、最初から友達を必要と感じていない人も多くいます。トラブルに巻き込まれたくないし、一人で食事や買い物、旅行も出来る。という方意外は、あまり当てはまらないでしょう。

⑨人見知りが激しい

人見知りな人は普通に暮らしていてもよく出会うことがあります。人見知りが激しいと、相手の目を見て話せない、話しかけられない。会話が続かない、何を話していいのか分からない。話そうとすると言葉が詰まる…など、人とのコミュニケーション能力が低く、引っ込み思案になり、悪循環の罠に陥っていることも多くあります。

解決策としては、人との会話に慣れていくことが大切です。人見知りの性格を治すには努力が必要です。少しずつでもいいので、人と話す時に目を見て話せるように挑戦していきましょう。

⑩コンプレックスを持っている

なにかしらコンプレックスを持っている人で、気にしすぎてしまうタイプの人は友達ができにくいとも言われます。会話の最中にコンプレックスを突かれると途端に防御の姿勢に入ってしまい、最悪の場合は自分を守ろうとして攻撃的になることも。

解決策としては、コンプレックスを解消することです。しかし難しい場合は、過剰な反応をしないよう努力をするとか、いきなり激昂するのではなく「やめてほしい」と意思を伝えられるようにすれば、人を遠ざけずに付き合っていけるでしょう。

人はいいのに友達ができない?その原因とは

人として人格的には問題がないにも関わらず、友達が出来ない人には、それぞれ原因があります。

一番は、ひとりで過ごすのが苦ではないということ。友達の必要性を感じ、一人を好むので特に問題はないでしょう。

他には仕事に打ち込んでいる人。仕事以外に出かける場所がなく、出会いが無いので共通の趣味をもった友達もできないというパターンです。おそらく、大人になるとこのタイプが増えて行くでしょう。少しでも興味があるものには積極的に行動したり、SNSやマッチングアプリなどで共通の趣味の友達と出会うというのも、友達作りには重要な行動となります。

友達がいないのは、やっぱりまずい??

友達がいないといっても、さまざまなタイプがあります。

例えば、自分の人生が充実していて、人間関係に時間を取られるのが嫌だ。休日も一人がいいというタイプの人は、友達がいなくてもまずくはありません。寧ろ、一人で時間を過ごせる力「孤独力」ともいわれるものは、現代を生き抜き、クリエイティブに生きるためには必須能力とも言えます。

一方で、友達が欲しくてしょうがないのに、周囲から嫌われて孤立しているというケースは改善が必要です。

友達をつくるには行動あるのみ!友達作りの秘訣とは?

友達がいない人が友達を作るにはまず行動が必要です。

SNSで好きなもの、趣味が共通の人と繋がる。

ネットには様々なSNSが存在しています。特に手軽に始められるツイッターで検索し、ツイートなどを見ながら趣味が合うかも、と思ったユーザーアカウントをフォローして、声を掛けていくのもテクニックの一つ。同じ趣味や興味関心があるなら、話す内容も困りません。

マッチングアプリ等で興味のあるコミュニティに参加する。

SNSで積極的に交流するのはちょっと…という方は、アプリを使うといいでしょう。住んでいる場所で検索すれば、近辺で同じ年代の友人が欲しいという人を見つけることができます。もしメッセージが来たら早めに返信をして、お互いの事を話しながら距離を縮めていきましょう。友達を作りたくて参加している人同士なら、すぐに打ち解けられるかも。

異業種交流会などに参加する。

社会人になると出会い自体が減って来ます。そこで、ビジネスの可能性も広がる交流会への参加はおすすめです。他業種の人や年齢も離れた人と出会うことができるので、新しい出会いを広げるにおすすめです。人と話すことが苦手でない人は、積極的に参加してみましょう。

そもそも友達は本当に必要なの?

どうしても友達がほしい、という人の中には、それ自体が負担になっている人もいます。
「友達なんて必要ない」という意見も実際にあります。友達を作らないことで、自分の時間がしっかりと確保できる。自分の力で判断ができる。というライフスタイルによるメリットはもちろん、様々なリスクが回避できること。

さらには、「友達は居ても居なくてもどっちでもいい」と、考え方を持つことによって人間的器が大きくなるとの意見もあります。友達がほしいという考え自体が負担になっている人は、一度振り返って考えてみましょう。意外と肩の力を抜けば、楽になれるかもしれません。

まとめ

友達が出来ない理由や原因。本当のところ友達は必要なのか、ということを探ってきましたが、いかがでしょうか。

友達が少ないと不安な方もいるかもしれませんが、大丈夫です。ちょっとした行動をとるだけで、自分の未来はすばらしいものになる可能性を秘めています。新しいへの興味をもって行動をすれば、友達作りもうまく行くはずです。

まずは行動あるのみ。問題が解決するキッカケがつかめるように、頑張って一歩踏み出してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。