好き避け男子の取る行動7選!当てはまったら実は脈あり?

title

好きだからこそ避けてしまう「好き避け男子」

職場や学校に、貴女のことを嫌っている様子は無いけれど、突然不機嫌になったり、そっけない態度を取る男性が近くにいませんか?

それがもしも、あなたが思いを寄せる男性だったら…?脈ありなのか、脈なしなのかも分からないと、ショックを受けることもありますよね。

でも、女性側からすれば少し面倒なこのタイプ。

どう判断すればいいのか分からないですよね。

意外と男性に多い好き避けタイプに、どうするか迷っている女性必見です。

何故好きなのに避けるのか、少し不可解な行動の理由を理解するためにも、男性心理とあわせて解説していきたいと思います。

好き避けを見分けるサインとは?

もしかして嫌われている?と、一見思ってしまうような態度や行動。

でも実はそれアナタを意識しての「好き避け」かもしれません。

思春期の頃ならまだキュンとすることかもしれませんが、今やられると、困惑してしまう行為。

女性からすると困った男ともいえる好き避け男子ですが、彼らがみせる基本的な行動や態度に潜む本心を知ってしまえば、上手に見分けるのは簡単です。

どうしてそんな行動をとるのか、彼らの恋愛心理と共に、それらの意味も知れば、接し方や対処法も見えてきます。

まずは好き避け男子が見せる特徴のなかでも、厳選した7つをご紹介いたします。

①視線の方向

好き避けの男性の傾向として、女性と目があったときに、無意識に視線をそらす習性があります。

そのときに注目したいのは方向。

好き避けの場合は、「恥ずかしい」と「好きなのを知られたくない」と思って目をそらします。

人間の心理的に、自分を守りたいと思ったときは、目線を下にそらします。

恥ずかしそうにうつむき、下を向いている場合には、脈ありの好き避けの可能性が高いので注目してみましょう。

②近くにいるのに話をしない

好きな人の近くにいたいとは思いながらも、それ以上に恥ずかしい感情が勝ってしまい、声をかけられないパターンです。

よく気がつけば近くにいるけど話さない。

そんな気になる存在がいるときは、「私のこと気になってるのかな?」と優しく見守って話かけてみましょう。

③メールやLINEだと饒舌

先に述べたように、近くにいるのに話をしない…なのに、LINEやメールになると饒舌にしゃべれるのも好き避け男子の特徴です。

普段は好きな相手を目の前にすると、どう話せばいいか分からなくなってしまい、無口になる彼も、LINEやメールでは落ち着いて言いたいことを打ち込めるので、饒舌になる傾向があります。

④ほかの異性と仲がいいと不機嫌になる

彼と近くにいる時、もしくは話をしていた時。

あなたに他の男性が話しかけてきた瞬間。

あなたが仲良く話していると、表情が変わった、あきらかに不機嫌になった。

そんな経験はありませんか?

こんな男性は好き避け男子である可能性が高いです。

やはり自分以外の男性と楽しそうな姿を見ると、「他の男と仲良くしないでほしい」という気持ちが湧くものの、言葉にすることはできません。

結果的にその嫉妬心が態度に出て不機嫌になってしまうということです。

⑤頼み事を引き受けてくれる

好き避け男子かわからないとき、お願い事をしてみると見分けられることも。

ちょっとしたお願いをする場面で、最初は面倒くさそうな反応でも、最終的に引き受けてくれるのも好き避け男子の特徴です。

すぐに答えがでないのは、好き避け男子の心のなかで動揺している場合がほとんど。

嫌いな相手だったら、断る選択をするでしょう。

⑥二人きりのときは優しい

二人きりのときは優しいのに、周囲に人がいると冷たい。

そんな男性はいませんか?こういうタイプは「周囲にバレたくない」「冷やかされたくない」という、自分がアナタのことを好きという気持ちから、他人がいる時は気のない言動やそっけない態度を取ることが多くあります。

学校や会社など常に会う人が多くいればいるほど、多い男性心理によるパターンです。

⑦会話が続かない

それまで男同士、仲良く話をしていたところにあなたが登場すると、突然会話が終了。

なんとなくいたたまれない雰囲気になって解散するというパターンありませんか?

これも好き避け男子のパターンです。

ほとんどの男性は突然現れたあなたに驚き、緊張して口ごもってしまっていることが多いのです。

少なくともあいづちを打ってくれていれば、好き避け男子と見極められるでしょう。

本当に苦手な相手ならば、そっけない態度をとったらそのままです。

いかがでしょう。職場や身の回りにこういった行動を取る人がいる!というアナタ。

もしアナタが結婚活動をしているならば、彼にも気を向けてみてください。

もしかすると、身近にこそ素敵な出会いはあるかもしれません。

好き避け男子の性格の特徴とは?

好き避け男子にはいくつか性格の特徴があります。

行動と合わせて、彼らの性格を知ることで対処法も見えてきます。

まずは性格については大きく3つのケースがあります。

・シャイ

好き避け男子に一番おおいパターンともいえるシャイな性格の持ち主。

好きだからこそどうすればいいのかわからず、消極的な性格が影響してそっけない態度をとっていることも。

沢山話がしたくても、言葉が出ない口下手ということもありますが、多くはメールなどだと饒舌になる傾向があります。

・プライドが高い

あなたのことが気になっていても、プライドが邪魔してそっけない態度を取る。

いわゆるツンデレのようなのも特徴です。

男友達や同僚などにからかわれるのを嫌い、周りに人がいると急に冷たくなったりするのがこのタイプです。

また、あなたのことが気になっていても、その気持に素直になれずに冷たい態度をとっていることも。

・真面目

真面目すぎて今まで恋愛経験が少ないタイプなども、好き避け行動をしやすい特徴です。

普通の会話やいろいろな知識はあっても、恋愛になると分からない。

だから、あなたへの好意をどう伝えればいいのかわからず、ずっと片思いで終わってしまうという、恋への免疫がない男性の多くはこのパターンです。

好き避けをしてしまう男性の心理とは?

ではなぜそんな行動をとるのでしょうか?

さっきまで笑顔をみせていたのに、視線を外したり。

ちょっと面倒な仕草も多い好き避け男子の、その男性心理についても探っていきましょう。

・恥ずかしい

とにかくこういった男性は恥ずかしい、シャイなタイプが多いです。

あれこれ考えるのに、いざとなったら勇気が出ずに、好きだと伝えられないことも。

・男友達や同僚にバレたくない

職場恋愛のパターンに多い心理状態です。

やはり周りの同性に知られてからかわれたくない。

恥ずかしい、といった心情的なものからの行動が多いようです。

・男としてメンツをたてたい

好き避け男子はプライドが高いタイプも多く、そういった人はメンツというものも持っています。

このメンツ、厄介なのは「彼女側から告白してほしい」という少し時代遅れの恋愛観の持ち主かもしれません。

プライドが高いタイプの好き避け男子は、あなたの告白を待っているのかもしれません。

・接し方が分からない

とにかく女性への接し方が分からないというパターンも。

ただでさえ女性とどう接すればいいかわからないのに、恋愛関係になったらどうすればいいかわからない!と恐れて、好き避けしていることも。

・過去の恋愛経験が原因

たとえば過去の恋愛で、酷い別れ方をしたりして恋愛に自信がなくなり、消極的になっているタイプも、好き避け行為をしがちです。

本命の彼女に向かってどういった態度を取ればいいのか臆病になってしまい、ついつい好き避け行為をしてしまうことも。

好き避け男子へはどう対応すればいいの?

好き避け男子のサインを見つけたら、やはり気になりますよね。

そういうとき女性が取るべき行動は一体どんなものがあるんでしょうか?

・ストレートに聞いてみる

避けられていると思うと、どうしても気になってしまうもの。

ならばストレートに、何故自分のことを避けるのか聞いてみるのはいかがでしょう。

大胆ですが一番すっきりする方法です。

・特別感を伝える

好き避け男子は怖がりな人が多いため、いくら距離が縮まっても告白などには至りません。

そこで、あなたから「特別なんだよ」ということをアピールしてみましょう。

他の男子とは違う行動を取ったり、飲み会などでボディタッチをしたりして、距離感を縮めて見ましょう。

相手もそれに気がつけば、次の行動へ移すキッカケになるかもしれません。

・積極的に声をかける

好き避け男子はシャイな男性がほとんどです。

そのため、いくら待っていてもアプローチをしてくることはないでしょう。

そこで、どんどんあなたが率先してコミュニケーションをとってみるのもオススメの対応です。

場合によっては、女性とコミュニケーションを取ることに慣れていないこともあるため、キッカケを与えるのはとても重要なポイントです。

・自然体で接する

相手のタイプにもよりますが、シャイなタイプで人見知りをするタイプの好き避け男子には、自然体で接するのが一番です。

お互いの距離が近づいたかなというタイミングで聞いてみたり、彼の本心を聞き出してみたりするのもおすすめです。

じつは「嫌い避け」の可能性?!

相手が本当に好き避け男子ならいいのですが、実は「嫌い避け」の可能性も残っています。

もしそうだとすれば、とても勘違いしたイタイ女子になってしまいますよね。

そこで嫌い避けの行動パターンについてもご紹介いたします。

・態度がずっと変わらない

出会った頃から態度が変わらなかったり、二人きりになってもそっけないままだったり。

もしあなたが壁を作っているつもりがないならば、それは男性からの壁でしょう。

男心として、壁を作る場合は「嫌いだから」というい理由の可能性が高いです。

男性は嫌いな女性とは距離を一貫して作り続けるため、注意が必要です。

・周囲に話す

もし貴方の周りの友人や同僚に「●●って苦手」「ああいうタイプ嫌い」と悪口を言っているならば、嫌い避けです。

社会人、大人の男性ともなれば、わざわざ他人に好き避けの行動としていうことはありません。

思春期の頃ならばまだしも、これは本当に嫌いという意思表明です。

・近づいてこない

嫌いな女性とは極力かかわらないようにするのが男性というものですが、大人として最低限の対応は必要となることがほとんど。

それらはあくまで受け身のものであり、自ら話掛けたり、なにかしようとする行動は取ることがありません。

好き避け男子には貴女から声を掛けてみよう

好き避け男子と嫌い避け男子の見分けもばっちり、出来るようになったのではないでしょうか。

好き避け男子の多くは、好き避け行為の理由を知ってしまえば可愛いもので、正直ものだったり、彼氏になると一貫性を持った一途なタイプが多く、浮気もしない、彼氏として付き合うのはオススメとも言えます。

真面目な性格にも当てはまりますが、多くは誠実な男性がほとんど。

婚カツ真っ最中!という女性は、周りをよくみると、意外と近くに運命の出会いがあるかもしれません。

とはいえ、好き避け男子は恋愛にかなりオクテ。もし恋人になりたいと思う人の場合は、彼の本音を見抜いて、あなたから声をかけてみましょう。

相手はその時を待っていたのかもしれません。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。