海外セレブの常識!?アップルサイダービネガーの効果と使用法教えます♪

アップルサイダービネガーとは

みなさんは、アップルサイダービネガーって知ってますか??
紀元前5000年ごろにはすでに製造されていたというアップルサイダービネガーは、ヨーロッパを中心に長い間、免疫や肝臓機能の改善を目的に、愛飲されてきたんです。
そんなアップルサイダービネガーは実は海外セレブの間でも有名で、ミランダ・カーやレディー・ガガ、マドンナやケイティ・ペリーなどが美容と健康のために愛飲していると話題なんです!!
筆者もスーパーフードとしていつ有名になるか楽しみにしているアップルサイダービネガー、皆さんにも知ってほしいので詳しく紹介していきますね!

リンゴ酢との違いって?

ちなみにリンゴ酢とアップルサイダービネガーはどちらもりんごを原料に作られたもので、この二つに違いはなく、同じものであるといえます。
しかし、日本で一般的に販売されているリンゴ酢は濾過され透明になっていますが、アップルサイダービネガーは無濾過であるという違いが挙げられます。

アップルサイダーの効果

ではここからは、体のあらゆる機能が向上すると話題のアップルサイダービネガーが私たちの体にもたらしてくれる嬉しい効果を紹介していきます♪

ダイエット効果

昔から日本では、「りんごが赤くなると医者が青くなる」と言われているほどリンゴには豊富な栄養素が含まれていることが知られています。
その中でも注目される栄養素が「リンゴポリフェノール」です。
このリンゴポリフェノールには消化吸収を抑える作用があり、血中中性脂肪の低下、脂肪蓄積の抑制などの効果があると言われています。

コレステロール値を下げる効果

リンゴポリフェノールには脂肪の吸収を阻害するだけではなく、コレステロール値を下げる効果もあるとされています。
臨床試験では、リンゴポリフェノールを600mg摂取した後、食事を行った人の血液を検査すると、コレステロール値や中性脂肪値が約20%下がったという結果が報告されているほどです。

phバランスの改善効果

phバランスと言う言葉を聞いたことがない人もいるのではないでしょうか?
phバランスとは、血液などの体液や肌の状態が、酸性かアルカリ性かを表した数値のことを指します。
実は気づかないうちにこのphバランスが崩れている人が急増しているんです。
体内のpHバランスが崩れると、頭痛、疲労、不眠、イライラなど、心身に悪影響を及ぼし、肌もボロボロになってしまいます。
今、現代人の私達の体は、砂糖などの糖分や食品添加物、喫煙、アルコールなどにより賛成に傾いてしまっている状態です。
そこで、phバランスをアルカリ性に傾ける必要があるのですが、そこでオススメなのがアップルサイダービネガーなんです。
皆さんもアップルサイダービネガーを飲んで体内のphバランスを整えてあげてくださいね♪

デトックス効果

アップルサイダービネガーはデトックス効果がとても高いんです!!
上記で説明したとおり、アップルサイダービネガーにはphバランスを整える効果があるのですが、それにより、肝臓の解毒作用を高め、血液を浄化してくれるんです。
また、リンパの流れを正常化してくれる作用もあるため、体内の毒素を排出してくれる効果に優れているんです。
また、アップルサイダービネガーは天然の酵素や乳酸菌を多量に含んでいるため腸内環境を整えるのにも良いといえます。
そんなアップルサイダービネガーを使った海外で話題になっている究極のデトックスドリンク「スウィッチェル」の作り方を紹介しちゃいます。
この「スウィッチェル」、なんと古代ギリシャ時代から民間薬として使われてきたそうなんです。

「スウィッチェル」の作り方
材料

・アップルサイダービネガー :大さじ1
・はちみつ:小さじ2
・生姜すりおろし:小さじ1
・水or炭酸水:200cc
これを混ぜ合わせて、冷蔵庫で冷やせば完成です。
冷え性の方は、お水の代わりに白湯などを使って体を冷やさないようにしてあげてくださいね。
是非、この「スウィッチェル」、新習慣にしてみてくださいね♪

血圧を下げる効果

ミツカングループによる研究により、毎日15mlのお酢を摂取すると血圧の低下作用があるということが発表されています。
この血圧の低下作用は、アップルサイダービネガーにも多く含まれる酢酸による効果であることが認められています。

喉の痛みを和らげる効果

イタリアのフィレンツェでは、民間療法として風邪気味のときや喉がいたいときなどに、はちみつアップルサイダービネガーシロップが家庭で飲まれているんです。
アップルサイダービネガーの作用とはちみつの抗炎症作用で、風邪気味のときにぴったりなんです。
作り方は、同量のはちみつとアップルサイダービネガーを用意して良く混ぜ合わせ飲むだけなので簡単でいいですね♪
このシロップは、喉が痛くなったり、「あれ、なんだか風邪気味かも?」と感じたときに飲むのが効果的です。
3時間置きくらいの間隔で少しずつ摂取するのが理想です。

消化を助ける効果

食事の15分前に大さじ一杯のアップルサイダービネガーを飲むと、一杯のお水と一緒に飲むと胃酸の分泌が良くなり食べ物の消化を助けてくれます。
食前のアップルサイダービネガーを習慣づければ、消化機能の改善を目指せますよ♪

美肌・アンチエイジング効果

ワインやチョコレート、緑茶などに含まれるポリフェノールの抗酸化作用がアンチエイジングに良いなんて話を聞いたことがある人がもしかするといるかもしれませんね♪
アップルサイダービネガーに含まれるリンゴポリフェノールにももちろん同様に、抗酸化作用があり、体内の活性酸素を除去してくれる効果があるんです。
この活性酸素は、ニキビやシミ、お肌の老化の原因のひとつと言われています。
その活性酸素をアップルサイダービネガーを飲むことによって取り除いてあげましょう。
そして、先程書いたphバランスを整える作用も、肌を弱酸性に保ち肌のバリア機能を整えることにつながっているんです。
肌のバリア機能を整えることによって、肌の老化を遅らせることが期待できちゃうんです。

口臭を抑制する効果

口臭の主な原因は、メチルメルカプタンと言われる成分により引き起こされていると言われています。
この成分が口内で増加することによって口臭が発生するのですが、リンゴポリフェノールには、このメチルメルカプタンの増殖を半分以下に抑える働きがあるんです。
このことから、アップルサイダービネガーには口臭を抑制する効果があると言えます。

美髪効果

健康的な美しさを誇るオーストラリアの女性たちの間では、ヘアケアとしてアップルサイダービネガーが愛用されているんです。
使用方法ももちろん紹介させていただきますね。
アップルサイダービネガーの美髪効果では、主に3つのことが言われています。

キューティクルを引き締めること

髪の毛はアルカリ性の状態だとぱさぱさになってしまうと言われているんですが、アップルサイダービネガーを使うことによってphバランスを整え、キューティクルを引き締め、乾燥やカラーリングやパーマなどで受けてしまったダメージを修復してくれる効果が期待できます。

髪の毛の中にある水分を閉じ込めること

髪の毛の中にある潤いを閉じ込めることにより、艶のある健康的な髪に近づけます。

髪の毛に蓄積されたシリコンなどの化学物質を洗い流すこと

アップルサイダービネガーに含まれるミネラルやコエンザイムが洗い流しきれなかったシャンプーの成分や、蓄積された化学物質を除去してくれると言われています。
それにより、健康的な美髪を目指すことができます。

アレルギーを抑制する効果

アップルサイダービネガーに含まれているリンゴポリフェノールには、アレルギーを引き起こす酵素の働きを抑制する効果があります。
アレルギーとは、厳密に言えば免疫反応が特定の刺激に対して過剰に起こることを指すのですが、リンゴポリフェノールにはその過剰反応を抑制する効果があることが実験の結果から明らかになっているんです。

アップルサイダービネガーに含まれる栄養素

リンゴポリフェノール

実はリンゴに含まれるリンゴポリフェノールは他のポリフェノールよりも抗酸化力が極めて高いんです。
アンチエイジング効果のところでも述べた通り、抗酸化作用というのは美肌を保つためにも、老化の進行を遅らせるためにも必須の作用なんです。
また、コレステロール低減作用や美白作用などの研究成果も発表されており、世界中の研究機関の注目を集める成分と言えます。

酢酸

酢酸は果物などに含まれる酸味成分のことを指します。
アップルサイダービネガーにはこの酢酸が豊富に含まれています。
酢酸には消化酵素の働きを活発にする効果があります。
加えて、酢酸が細胞に吸収されると「アデノシン」という血管を膨張させる物質が生成され、それにより血流が良くなり血圧が下がるという効果があります。

クエン酸

クエン酸も酢酸と同じく果物などに含まれる酸味成分のことを指します。
クエン酸には運動後やストレスなどで蓄積されていく疲労物質である乳酸を分解して排出作用があり、これにより疲労回復効果が期待できます。
また、乳酸は筋肉痛の原因でもあるので筋肉痛予防にも効果が期待できます。
また、クエン酸には血液をサラサラにして血流を改善する効果があります。

ミネラル類

アップルサイダービネガーはナトリウム・カリウム・カルシウム・マグネシウム・リン・鉄・亜鉛などのミネラルを含んでいます。
ミネラルの種類はたくさんありますが、どのミネラルが不足しても健康に影響があると言われています。
そんなミネラルの不足を補うのにもアップルサイダービネガーはぴったりだといえます。

ビタミン類

アップルサイダービネガーにはビタミンB2・ナイアシン・ビタミンB6・ビタミンB12・パントテン酸などのビタミンが含まれています。
ビタミンとは、体内で起きるエネルギー生産などの化学変化をスムーズにするために必要な栄養素です。
また、ほとんどのビタミンは人間の体内では作り出せないため、常に食べ物から取り入れる必要があります。
また、ビタミンはそれぞれが相互作用によってきのうしており、すべてのビタミンがバランス良く体内に存在していなければなりません。
そのためにも一度に5種類ものビタミンを効率よく摂取出来るアップルサイダービネガーをサプリメント代わりに使用してみてほしいと思います。

アップルサイダービネガーの飲み方

1日の摂取量は15cc~30ccが適量と言われています。
1日に大さじ1~2杯を目安にしてくださいね。
先ほどの効果のところで紹介した飲み方以外には、基本的に、お水や白湯、炭酸水で薄めて飲むのがおすすめです。
もしそれだけでは飲みづらい場合は、お好みではちみつやレモンなどを加えるととたんに飲みやすくなりますよ。
飲む前には、瓶の下に沈殿物が溜まっているので瓶をよく振ってから飲んでくださいね。

アップルサイダービネガーの選ぶ基準

ひとくちにアップルサイダービネガーといっても種類はさまざま。
中には、美味しさ重視で効果が落ちてしまっているものも…。
皆さんが効果を最大限に感じられるようにアップルサイダービネガーを購入する際に気にして欲しい点を3つ挙げたので是非参考にしてくださいね♪

非加熱のものかどうか

アップルサイダービネガーであればいいというわけではなく、低温殺菌であっても、熱が加えられてしまっているものは良質な菌など、有効成分が失われてしまっているため、選ぶ際は非加熱のものを選びましょう。

オーガニックのリンゴを使用したものかどうか

オーガニックのリンゴで作られたアップルサイダービネガーは、肥料や消毒剤などの農薬を使用したリンゴを使ったものに比べて圧倒的に良質な酵素や乳酸菌、ビタミンやミネラルを豊富に含んでいるんです。

濁ったものかどうか(無濾過のものかどうか)

今までに挙げてきた健康効果を十分に得たいのであれば、無濾過の濁った状態のアップルサイダービネガーを選んでください。
無濾過で濁っているということは、天然の酵素や乳酸菌など様々な有効成分が濾過されずにきちんと残っているという証拠なのです。
ビンの底に沈殿物があるものを選べば間違いなしです!

アップルサイダービネガーを飲むうえでの注意点

30cc以上の摂取はむしろ逆効果になってしまうこともあるためオススメしていません。
アップルサイダービネガーはお酢なのでそのまま希釈せずに飲むと粘膜に刺激となる恐れもあるので、必ず何かで薄めて飲んでくださいね。
また、夜寝る前に飲む場合には、飲んだその後そのまま寝てしまわずに、きちんと歯を磨くことを心がけてください。
お酢の酸の影響で歯を弱らせてしまう恐れがあります。

アップルサイダービネガーの効果まとめ

これまでたくさんの効果をもつアップルサイダービネガーを紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか??
ダイエットにも、コレステロール値でや血圧を下げるためにも、phバランスの改善にもデトックスにも、美肌にもさらにはヘアケアとしても効果があることが分かりましたね♪
まだ、日本ではそこまで脚光を浴びているとは言い難いですが、海外では有名セレブを始めとして愛用者がたくさんいるアップルサイダービネガー、是非試してみてくださいね!

LapiLapiに簡単アクセス!

 1.アイコンをタップしてTOPページに移動。
2.ブラウザのメニューオプションから「ホーム画面に追加」
で完了です。

LapiLapi無料メールマガジン

LapiLapiをもっと楽しもう!
特集の更新情報やメルマガ限定コンテンツなども配信!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。