アボカドダイエット成功のカギは食べ方!正しい方法を知ろう♪

タイトル

アボカドダイエットは食べ方にポイントがある!

森のバターと呼ばれる栄養価を持ったアボカド。

糖質制限ダイエットのレシピにも多く使われるアボカドですが、どういう食べ方がいいのか。いつたべたらいいのか。

そもそも、アボカドダイエットがなぜ良いのか、その理由をご存じですか?

今回は、アボカドの栄養やダイエットのやり方から、美味しいアボカドの選び方や保存方法などをご紹介いたします。

ぜひ上手に取り入れてダイエットにも役立てて行きましょう!

森のバターで高カロリー…なのに、ダイエットにいい?
アボカドに含まれる栄養分とは?
アボカドダイエットのやり方
美味しいアボカドの選び方&保存方法
アボカドダイエットにオススメレシピ
アボカドダイエットは食べ過ぎこそ注意!正しい方法でダイエットを成功させよう

森のバターで高カロリー…なのに、ダイエットにいい?

アボカドの語源は、原産地である中南米のアステカ族のことばで「生命の泉」や「生命の果実」を意味する“アファカト”だといわれています。

アボカドには、フルーツには珍しく、脂質が全体の20%近くも含まれています。

「森のバター」とも呼ばれますが、その脂質の性質はバターとは大きく違います。

脂質には大きく分けて「飽和脂肪酸」と「不飽和脂肪酸」があります。

バターに多い脂質はこのうちの「飽和脂肪酸」であり、摂りすぎると動脈硬化の原因になる悪玉コレステロールを増やす恐れがあります。

一方、アボカドに多いのは「不飽和脂肪酸」の一つであるオレイン酸で、こちらは逆に、悪玉コレステロールを減らし、血液をサラサラにする善玉コレステロールを増やしてくれます。

また、脂質が酸化されると過酸化脂質になり、動脈硬化の原因になりますが、オレイン酸はもともと酸化しにくい脂質です。

さらに、アボカドには酸化を防ぐビタミンEも豊富なので、過酸化脂質になりにくいという効用もあります。

動脈硬化が進行すると、心臓疾患や脳梗塞などを起こすリスクが高まります。

オレイン酸は、その元凶である悪玉コレステロールや過酸化脂質を減らすことによって、動脈硬化を予防するのです。

体にいいとはいえ、アボカドはカロリーが少し高く、1つ辺り220キロカロリー

これは、ご飯だとお茶碗1杯程度。ぺろりと食べられてしまいますが、そのカロリーは意外と高いので注意が必要です。

「アボカドは太る」はウソ?ホント?気になる噂を徹底検証!

アボカドに含まれる栄養分とは?

・ビタミンE
アボカドには様々な栄養分が含まれています。

中でも女性に嬉しいのはビタミンEの存在。

ビタミンEは抗酸化作用を持つビタミンの中でもトップクラスとされており、活性酸素が及ぼすさまざまな悪影響を排除する働きがあるとされています。

ビタミンEの抗酸化作用といえば、シミやそばかすを防いだり、血のめぐりを改善することで、アンチエイジングに役立つといったところです。

肌を黒くするメラニン色素はまさに、活性酸素の影響で増加します。

しかしビタミンEが活性酸素を除去すれば、メラニンは生成されにくくなり、シミ、そばかすを予防する事につながります。

・オレイン酸
アボカドと言えば、あのクリーミーな味わい。

あれは良質な脂質からできていますが、その脂肪分となるオレイン酸にもうれしい効果が期待されます。

オレイン酸には、悪玉や善玉コレステロールを正常値に導いてくれる作用や、動脈硬化の予防、高血圧の改善。

それらに伴い、心臓病や脳卒中の予防にも繋がるとされています。

健康のためにも、アボカドはとても向いている食材なのです。

・食物繊維
アボカドには、食物繊維もたくさん含まれています。

中でも多く含まれているのが、水溶性食物繊維です。

1個で、ごぼう1本分とも言われる量。

ごぼう1本は大変ですが、アボカド1個はぺろりと食べられちゃいますよね?

便秘気味の人にもオススメです。

・リパーゼ
次に注目するのはリパーゼという脂肪分解酵素です。

リパーゼは脂肪を分解する酵素の事です。

アボカドには多くのリパーゼが含まれているため、酵素ダイエットという観点からもオススメできる食材なのです。

リパーゼはほかにもイチゴやオレンジ、スイカ、グレープフルーツなどに含まれていますが、アボカドはその中でも豊富に含んでいます。

うまく消化吸収してくれるので、ぜひアボカドを取り入れるようにしていきましょう。

アボカドダイエットのやり方


ダイエット方法

アボカドダイエットにも色々方法がありますが、一番効果が高くて簡単なのは「1日1個のアボカドを食事の前に食べる」という方法。

この方法を行う場合には、アボカドの後の食事は腹八分目に抑えるように注意しましょう。

ちなみに、この食事前アボカドダイエットはあのデヴィ夫人が実践。

なんと3ヶ月間体重6.3kg体脂肪率11.3%ウエスト11cmも減らすことに成功しています。

食事前にアボカドを食べる方法以外にも、普段バターを使っていた料理をアボカドに置き換えるだけでもダイエット効果が見込めますし、サラダ等に入れて食べることで、全体的な量を減らすこともできます。

食べているとかなりの満腹感を感じるアボカドですので、ぜひ腹八分目を死守して、ダイエットを成功させましょう。

アボカドを食前に食べるならば、夜がオススメと言われていますが、カロリーが高いことや栄養分が豊富な事を考えると、向いていない気もしませんか?

しかし、にこそ食べるのはオススメと言われています。

アボカドは夜に食べたほうがいい?!夜アボカドの効果と食べ方とは

その理由をご説明いたします。

夜の栄養として食べたい食事のキーワードは「ローカロリー」「高たんぱく」「睡眠の質を上げるもの」の3つです。

アボカドを食前に食べることで、食事の全体的なカロリーを抑えることができます。

もちろん、アボカドを食べ過ぎるのも禁物です。

夜寝ている間に果物の糖分は肝臓などの内臓脂肪に変わりやすく太りやすくなってしまいます。

そのため、他の食事は低脂質なものを心がけるようにしましょう。

そして、アボカドは高タンパク、低糖質な食べ物です。

夜の食事は炭水化物を控えることが大切なので、他の主食を少なくしたりして、アボカドを食べるようにしましょう。

睡眠の質を上げるというのは、睡眠環境なども関係あります。

しかし、それ以上に大切なのはホルモンバランスです。

なかでも注目を浴びている「セロトニン」は別名幸せホルモンとも言われており、このセロトニンは熟睡をするホルモンの材料となります。

このセロトニンは精神安定にも役立つといわれており、ストレス社会の現代人には欠かせないものと言えます。

そのためにも、セロトニンの分泌を助ける食品を取る事が大切であり、アボカドはまさにうってつけの食材なのです。

生でサラダにするのがより効果的!

アボカドは生でも加熱しても食べられる食材ですが、生で食べる方がより効果を得られます。

というのも、アボカドの成分にその理由はしっからいとあるのです。

アボカドにはビタミンも豊富に含まれています。

ビタミン類は加熱による影響を受けやすく、茹ですぎたりするとビタミンは流れ出たり、破壊されてしまい効果が下がってしまいます。

アボカドは茹で調理や焼きにもあまり向いておらず、グチャグチャになってしまいます。

それもあって、加熱するより生で食べるほうが効果的と言われるのです。

美味しいアボカドの選び方&保存方法

続いて、美味しいアボカドの選び方と保存方法をご紹介いたします。

アボカドは皮にハリがあるものが美味しい!

おいしいアボカドの選び方をご紹介します。

まず、形がキレイなものを選ぶようにしましょう。そして、皮にはハリとツヤがあるものを。

ここまでは気にしている人もいるかもしれませんが、ヘタも見分けるポイントです。

へたの隙間がないもの、取れていないものを選ぶようにしましょう。

ヘタが取れて黒く変色しているものは、果肉が変色している可能性もあるため、避けた方が無難です。

また、色は濃いものを選ぶようにしましょう。

すぐに食べたい場合は黒みがかったもののほうが熟していて美味しいです。

しかし、数日後に食べる場合の買い置きの場合は、果皮が緑色のものを選ぶようにしましょう。

時間が経ち、黒みがかったときが食べ頃です。

アボカドは種付きで冷蔵保存!

アボカドの保存には温度が重要となってきます。

適温は8~12℃程度。

温度が27℃を超えると追熟生涯が出てしまうため、夏場は注意が必要です。

反対に、4.5℃以下になると低温障害を起こしてしまいます。

熟していないものは常温で、熟しているものは冷蔵庫や野菜室での保存が適切です。

1つを食べきるのは…という場合、切ったアボカドを保存しましょう。

保存するときは、種付きの保存します。空気に触れるとすぐに酸化し色が変わってしまいます。

そのため、切り口にレモン汁をかけてぴっちりとラップをする事で変色は防げます。

同じように、食べやすくすでにスライスしたものも、酸化防止にレモン汁を書けてラップをするかタッパーに入れて冷蔵保存するのがオススメです。

もしレモンがない場合は、電子レンジで1分程度の加熱をすれば、変色を抑える事ができます。

これらの方法で保存した場合、保存期間は2日程度です。

切った時の完熟具合で短くなるので、注意しましょう。

大量にアボカドが手に入った場合、食べきるのは難しいですよね。

そういうときは、アボカドをペースト状にして、フリーザーバッグなど密閉できる容器にいれて冷凍すると便利です。

ペースト状にしたものにもレモン汁を混ぜておけば、酸化が防げて保存も長持ちになります。

使用の際は自然解凍してディップしたりソースとして使うようにしましょう。

この冷凍保存の場合は1ヶ月程度保つ事ができます。

はやく食べるにこしたことはないので、小分けに使いやすい量で保存するようにしましょう。

アボカドダイエットにオススメレシピ

夕飯にオススメ アボカド納豆

アボカド 1個
納豆 1パック
豆腐 70g
醤油(めんつゆも可) 大さじ1

<作り方>
深めのお皿に豆腐を入れて潰し、角切りのアボカドを乗せて納豆をのせる。しょうゆをかけて出来上り。

豆腐は種類を問いません。よせ豆腐などでもOKです。

簡単★アボカドスムージー

豆乳 200ml
バナナ 1本
お好みの野菜(小松菜やほうれん草) 1束
お好みの野菜、果物(人参、りんご、アボカド、キウイがオススメ

<作り方>
材料を全て切ってミキサーで混ぜて完成。

※かなりドロドロした仕上がりになります。豆乳だと飲みにくい場合は、牛乳でも可。

アボカド&マスタードの焼きポテサラ風

(2人分)
アボカド 1個
絹豆腐 1/3丁(100g)
大豆水煮 100g
溶けるチーズ 20g
ノンオイルツナ缶 1缶
<調味料>
塩 少々
カレー粉 小さじ1/2
顆粒コンソメ 小さじ1/2
粒マスタード 小さじ2
大蒜チューブ 小さじ1/2

<作り方>
①豆腐と水を切った大豆水煮をフードプロセッサーにかけてペースト状にする。
②種を取ったアボカドを潰して入れる。(少し形が残る程度)
③調味料と水気を切ったツナ缶を入れて混ぜる。
④耐熱容器に③のものを移し、上にチーズをかける。
⑤オーブンで220度で18分程度焼く。チーズに焦げ目がついたらOK。

アボカドダイエットは食べ過ぎこそ注意!正しい方法でダイエットを成功させよう

アボカドダイエットのやり方、美味しい食べ方&保存方法はおわかりいただけましたか?

アボカドダイエットややり方を間違えると、高カロリー故に太りやすくなってしまいます。

しかし、豊富な栄養はダイエット中の女性にはとてもうれしい効果ばかり。

是非上手に料理に取り入れて、アボカドダイエットを成功させていきましょう!





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。