甘酒ダイエットの方法と効果的な飲み方!成功のカギはタイミング

タイトル

噂の甘酒ダイエットの方法と効果が知りたい!

温かいのも冷たいのも美味しい甘酒。

疲労回復といった健康や美容にいいと最近話題で、いろいろな種類の甘酒をみるかと思います。

昔ながらの甘味飲料である甘酒がダイエットに効果的と話題になっています。

どうして甘酒で痩せられるの?いつ飲めばいいの?どのぐらいで効果が出るの?など、甘酒ダイエットで気になる疑問を解決します!

甘酒ダイエットとは?
甘酒にはどんな効果があるの?ダイエット以外の効果とは?
甘酒ダイエットの方法が知りたい!
甘酒ダイエットの効果が出るまでの期間はどのくらい?
甘酒ダイエットで失敗失敗しちゃった!その原因は?
甘酒ダイエットに効果的な甘酒の種類は?
甘酒ダイエット 成功のためのポイントとは?
まとめ

甘酒ダイエットとは?

甘酒ダイエットとは、その満腹感の高さを利用して1食置き換えるダイエットのことをいいます。

食事だけでなく、間食をコンビニのお菓子や高カロリーのスイーツと置き換えるなども効果的です。

甘酒はお菓子やスイーツ、食事に比べてもちろんカロリーは低めですし、体にいい栄養もたっぷりあり、更に満足感があるダイエット向きの飲料なのです。

甘酒にはどんな効果があるの?ダイエット以外の効果とは?

飲む点滴とも呼ばれる甘酒には多くの栄養素が含まれています。

その豊富な栄養素から、ダイエットはもちろん、それ以外にもさまざまな効果が期待できるんです。

●ダイエット

甘酒にはビタミンB群がとても多く含まれています。

ビタミンB群は脂肪の燃焼を促進する代謝を助ける働きがあり、肝臓に余分な脂肪が蓄積しないよう抑制する働きをもっています。

また、内臓の働きを活発にして新陳代謝や血液循環を高めるアミノ酸や、脂肪の代謝を促す酵素が100種類以上も含まれているので、甘酒のダイエット効果は高いと考えられています。

さらに、甘酒に含まれるブドウ糖は血糖値を上げて満腹感を与えてくれるので、食べ過ぎを防ぐことができます。

少量で満腹感を得られるので、今まで食べていたおやつの代わりに甘酒を飲めばダイエット効果が期待できます。

甘酒は甘いのでカロリーが高いイメージがありますが、実は100gあたり81kcalと低カロリー。

市販のお菓子と比べても低めのカロリーと言えるでしょう。

●美肌効果

甘酒は「飲む美容液」と呼ばれることもあるほど、美肌効果が高い飲み物。

ビタミンB群が肌の細胞を活性化させてターンオーバーを促し、美肌に導いてくれます。

また、甘酒に含まれる必須アミノ酸には肌の乾燥を防ぐ効果が、米麹に含まれるコウジ酸にはメラニン生成を抑えて美白効果があります。

●栄養補給・疲労回復

甘酒は「飲む点滴」と呼ばれるほど栄養価の高い飲み物で、栄養補給や疲労回復に効果的です。

甘酒に含まれる必須アミノ酸やブドウ糖、ビタミンB群、酵素などの栄養素はエネルギーを効率よく吸収するため、一日中疲れ知らずに動けるという、まさに古来からのエナジードリンクのような存在なのです。

さらに、それらの栄養素は疲労回復にも効果的。

食欲がなく、疲労が溜まりやすい夏バテの時などにおすすめです。

●腸内環境を整える

甘酒にはオリゴ糖や食物繊維が含まれており、腸内環境を整えて便秘解消を促してくれます。

便がスムーズに排出されることで体に溜まった老廃物も排出されるので、肌荒れの改善も期待できます。

アルコールが含まれていないので、便秘の妊婦さんでも飲めるのが嬉しいポイント。

甘酒ダイエットの方法が知りたい!


甘酒ダイエット方法

甘酒ダイエットは実に簡単。朝ごはんを甘酒で置き換えるだけ。

1食のご飯に甘酒を置き換えると摂取カロリーはぐんと抑えられます。

しかもご飯を置き換えても、甘酒の栄養価は高いため健康面でも問題はありません。

特に朝ごはんを食べないという方は、むしろ甘酒を飲むことで気持ちよく朝を迎える事ができ、より効果を感じられるかもしれません。

目安としては200ml程度。人肌程度に温めた甘酒を飲めば、お腹は意外と満足します。

甘酒のダイエット効果を高める、効果的な飲み方は?

もしも、あなたが間食をよくしてしまタイプならば、朝食ではなく間食を甘酒に置き換えるのも効果的です。

その時は、甘酒ヨーグルトを飲む、食べるというのもより効果的です。

作り方は簡単で、甘酒とヨーグルトを1:1で混ぜるだけ。

オススメは60gずつ程度。

しっかりと、スイーツを食べる気分で食べたいならば、ヨーグルトを少し多めにすることで、しっかりとした塩梅に。

また、朝飲む場合は、豆乳甘酒もオススメです。

豆乳と甘酒を、こちらも1:1で混ぜ合わせるだけ。

オススメは100mlずつの出来上がりが200mlです。

無調整豆乳で作るのがいいため、お好みでシナモンやはちみつなどを足してみてもいいでしょう。

どちらも、甘酒の効果にプラスしてヨーグルトや豆乳の効果も得られるため、ダイエットをしつつも美容効果もしっかりとキープできる、素敵な飲み物の出来上がりです。

甘酒を飲むオススメのタイミングはいつ?

ダイエットとして飲む場合、オススメはの置き換えです。

これは、甘酒に含まれる栄養がエネルギー源となって活動量が増え、消費カロリーが増加することが期待できるためです。

しかし、置き換えは難しいし…という方は、毎食前に30ml程度の少量の甘酒を飲む方法がオススメです。

こうすることで、満腹感が軽く得られ、食事の量が総合的に減ることにより、摂取カロリーが抑えられるということにあります。

また、おやつの時間の間食を置き換えるのもオススメです。

ダイエットの場合は就寝前、夜に飲むのはあまりオススメではありませんので、積極的に食前に取るようにするのがオススメです。

甘酒ダイエットの効果が出るまでの期間はどのくらい?

甘酒ダイエットは他のダイエットや食事制限とともに合わせれば、口コミでは2週間ぐらいで体重が1~1.5kg程度の効果が出ると言われています。

もちろん、無理なく痩せたいという場合は、時間をかけて1ヶ月~2ヶ月程度かかることになります。

テレビでの企画では、他のダイエット方法と合わせて2ヶ月で合計10キロも痩せたというものも!

体内の環境が変わるのはだいたい3ヶ月スパン。お肌のサイクルは28日程度と言われています。

なのでまずは1ヶ月続けてみることが重要です。

甘酒ダイエットで失敗失敗しちゃった!その原因は?

飲むだけの簡単ダイエットですが、もちろん失敗もあります。

そのほとんどは「甘酒を飲みすぎている」せいでおこるカロリーのとりすぎです。

甘酒は太る?!甘酒ダイエットに成功するための飲み方は?

甘酒1杯(100ml)あたりは約81キロカロリー程度。

1日の推奨量は200mlなのでカロリーは161キロカロリーとなります。

これ以上飲んでしまうと高カロリーな飲料と同じになってしまいますし、糖分のとりすぎにも。

全体的な食事と運動のみなおしも行い、食事と甘酒のカロリーバランスが崩れていないかを見るのも、失敗しないコツです。

甘酒ダイエットで注意するべきポイント

甘酒ダイエットの注意点は飲みすぎないことです。

上にも書いたとおり、カロリーが意外と高い上に飲みやすく、美味しいのが飲みすぎてしまう原因です。

砂糖を多く取りすぎないようにすることや、置き換えする場合はストレスをためてリバウンドしてしまわないようにすることも大切です。

甘酒ダイエットに効果的な甘酒の種類は?


ダイエットに良い甘酒の種類

甘酒は、材料によって2つの種類に分けられます。

①米麹甘酒

蒸した米に糀菌をつけ糀菌の作用で米にカビが生えたような状態になります。

これが米麹です。

この米麹にお湯を加え一晩おき、出来るのが米麹甘酒。

米麹とお湯しか入っていないので酒とはつくものの、アルコールは入っていない甘酒となります。

②酒粕甘酒

米麹にアルコールの素となる”清酒酵母”を加え、さらに蒸したお米と水を入れアルコール発酵させることで”もろみ”を作ります。

そのもろみを機会で絞ることで日本酒となるのですが、絞ったかすとして”酒粕”が出来ます。

この酒粕を湯に溶かして砂糖を加えたものが酒粕甘酒です。

米麹甘酒と酒粕甘酒ならどちらがダイエット向き?

甘酒ダイエットに向いているのは、一体どちらでしょうか。

酒粕甘酒もダイエットに適切な栄養素が含まれていますが、ここでオススメするのは米麹甘酒です。

そのポイントは米麹甘酒に含まれているブドウ糖にあります。

これは血糖値の上昇さえてくれるため満腹感を得られます。

これによってご飯や間食をへらすことが可能になり、ダイエット効果が期待できるというのです。

そして注目すべきは食物繊維。

食物繊維が豊富に含まれているため、飲むことで便秘解消が期待できますし、発酵食品としての成長作用もあるため腸内環境を整えるのに一石二鳥の働きをしてくれるのです。

ダイエットをしながらも美肌まで手に入れられるとあれば、甘酒ダイエットは女性にピッタリのダイエット法なのです。

豆乳や玄米と合わせると更に効果的!

身体にいいとはわかっていても、甘酒の味があまり得意ではないという方もいると思います。そういう方にオススメなのは、玄米甘酒や豆乳甘酒といった変わったものです。

しかも嬉しい効果を上乗せできるので、普通に甘酒が好きという方にも試してもらいたいと思います。

●玄米甘酒

玄米甘酒とは、米麹と玄米で作る甘酒のこと。

玄米甘酒には豊富な栄養成分が含まれています。

ビタミンB1、B2やB6、パントテン酸、イノシトール、ビオチンなどのビタミン類が含まれます。

また、タンパク質分解酵素の働きによりアミノ酸が作り出されるため、食事から摂る必要がある必須アミノ酸をすべて含んでいるというのも嬉しい♪

美肌効果や胃腸の働きをサポートし、整腸作用を与えてくれます。

玄米はもともと食物繊維をたくさん含んでいるため、ダイエットのために飲むのならば、とってもオススメなのです。

●豆乳甘酒

豆乳甘酒は、女優の永作博美さんが飲んでいるとテレビで発言したことから女性のなかで注目されはじめました。

甘酒を豆乳で割るだけのシンプルな作りですが、豆乳の成分が一緒に取れるためダイエットにプラスして美容成分まで取れるスグレモノ。

成分としては、ビタミンBやE、サポニンイソフラボンといったもの。

これらを取ることで、保湿効果、しみ・シワ予防、便秘解消、免疫力増加といった効能が期待できます。

甘酒が苦手というタイプの方は、豆乳と甘酒を3:1の割合で混ぜ合わせ飲むのがおすすめです。

もちろん、自分の好みの味を探してみてください。

甘酒ダイエット 成功のためのポイントとは?

では、どうすれば甘酒ダイエットは成功するのでしょうか?

様々な口コミをまとめてみたところ、今まで書いたことに結構当てはまるのがわかりましたが、ここでまとめて見たいと思います。

①食前に甘酒を飲む

置き換えるほうが断然効果はありますが、ストレスが溜まってしまうと逆効果。

そこで、食前に少し飲むというのがオススメなのです。

これにより食べる量自体を減らすことができるので、総合的にダイエットできるというわけです。

朝食に甘酒を取り入れる場合、、甘酒ヨーグルトとパンを少し食べるなどすれば、ランチまでしっかり腹持ちします。

②間食を甘酒に置き換える 

つい甘いものに手が伸びるおやつ時。

そんなときこそ、間食代わりに甘酒を飲むのがオススメです。

コップ1杯程度飲めば、甘さもあり、空腹感も誤魔化せます。

すぐに飲むのではなくゆっくりのめば、更に効果的!

③生姜を加えて飲む 

生姜には体を温める成分が含まれており、血行をよくする働きがあります。

これは代謝を促す効果も期待できるため、ダイエット中に気をつけたい基礎代謝を落とさないことに役立ちます。

すりおろしのものを混ぜて飲んでも良いですし、生姜パウダーなどを入れてみてもオススメ。

生姜のピリっとした辛さがいいアクセントにもなります。

まとめ

美味しく甘酒を飲みながらダイエットができる甘酒ダイエット。

しかも美肌効果やアンチエイジング効果も期待できる栄養マンテとあれば、試してみるしかありませんよね。

普通に飲むだけでなく、ココアで割って飲むという飲み方を始め、甘酒を使った料理のレシピなども幅広くあるため、自然と毎日続けられるというのも甘酒ダイエットのメリットです。

ぜひ試してみてください。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。